Top > スタッフブログ

スタッフブログ

詳細表示 リスト表示 検索

職人の想いがココに!伝統と現代技術が融合した竹細工専門店

9月に入った途端、急に秋の気配になりましたね (*^^*)

それまでの暑さがウソのように、朝晩はかなり涼しく感じるようになりました。

いつも思うんですが、やっぱり暦ってすごいデス!


ただ、これからは徐々に寒暖の差が大きくなりますので、くれぐれも体調にはお気をつけ下さい m(__)m





それでは、本題に入りますね (*^^*)


大分といえば、言わずと知れた日本一の湧出量を誇るおんせん県


でもね、日本一は温泉だけじゃないんです。


実は真竹(マダケ)の生産量も日本一で、特に別府市は『別府竹細工』と呼ばれる伝統工芸が盛んな地として知られています。


今回は、そんな別府竹細工を取り扱う魅力的なお店をご紹介させていただきますね! v( ̄∇ ̄)


それがコチラ ↓


別府駅から徒歩5分。

竹細工専門店『Bamboo bamboo (バンブー バンブー)』さん


市内に竹細工を扱うお店はいくつかありますが、Bamboo bambooさんは、10人ほどの竹細工職人さんが手掛ける製品を取り扱っている数少ないセレクトショップです (*^^*)




別府のレトロな街並みとは一線を画す、オシャレな佇まいですよね♪



外観もそうですが、店内はもっとスゴイ! ↓



想像(和のイメージ)とは全く違う、あまりにも斬新すぎる空間だったので、思わず絶句してしまいました(笑)


※奥側から撮影 ↓







竹細工の魅力が際立つようにディスプレイされたオシャレな店内には、親しみやすい日用品&インテリア雑貨から高価な芸術作品まで、伝統の技から生まれた竹製品が100種類ほど並んでいます。









さて、竹細工の魅力は何といっても、繊細なしなやかさと和の美しさですよね!




日本古来の種「マダケ」の艶がある表面皮だけを使うのが美しさの秘密だそうで、ちょうどいいサイズにカットしたあと、一本一本丁寧に面取りしてから編むという、めちゃめちゃ地道な作業で作られているそうです。




軽くて丈夫なので、長く使え、大切に使えばきれいな飴色になるんだとか。


革製品と同じように「使えば使うほど味が出る」って感じですね(*^^*)




ちなみに、一番高い作品はコチラ ↓





この複雑な編み目、質感、色合い・・・一体どうやって作ったの?

と思うくらい、うっとりするほどしなやか!


さすがに高級感が全然違います(笑)



少々高価ではありますが、「大量生産で安いのが当たり前」という時代の中、気が遠くなるほどの時間と手間をかけて作られる職人さんの苦労を考えると、このお値段はむしろ安いとすら感じてきます。

※だからといって、簡単には買えませんが ( ̄m ̄*)ヾ( ̄∇ ̄;)オイ




ところで「伝統工芸・竹細工」といえば、古風で渋いイメージをお持ちの方も多いと思いますが、実はオシャレで可愛らしい現代風の竹細工もいっぱいあるんですよ (*^^*) ↓





こういった可愛いものであれば、若い女性の方の洋服にもピッタリですね!(^∇^d)



中でも、私が最も気に入ったのがコレ ↓



このランチバッグ、めちゃめちゃ可愛くないですか!?





中にポケットなども付いていて、機能性も抜群ですし、持っているだけで注目されること間違いなしです!



そして、もう一つオススメしたいのがコレ ↓

※オーナーの中村さんにモデルになってもらいました v( ̄∇ ̄)


こんなオシャレなバングルはなかなかないですよね♪



他にも、スプーン・お箸・カップなどのキッチン用品や ↓







髪飾りや小物入れなどなど ↓






とてもご紹介しきれませんが、自分用やお土産などにピッタリの製品はきっと見つかると思います。



バッグやアクセサリーなど進化した技術やデザインを用いた製品も多いので、ここに来れば、昔ながらの良いものはそのままに、伝統と現代技術が融合した竹製品の新たな魅力に出会うことができますよ (^∇^d)






以上、いかがでしたでしょうか? (*^^*)



別府竹細工の歴史は古く、室町時代に行商用の籠を生産したのが始まりだそうで、江戸時代には湯治客の為の日用品、また土産品としても人気となり、別府の一大産業として栄えていったんですが、近年は安価な海外製品の流入や台頭により、職人も製品も減少しているんだとか。


現在、別府には国内唯一の竹工芸の専門訓練校があり、毎年多くの職人を輩出しているそうですが、若手の作家さんは増えているものの、作品は市場にあまり出てこないというのが現状だそう。


そこでオーナーの中村さんは『別府の財産でもある竹細工の技術を絶やしてはいけない。別府竹細工の伝統を守り、作り手と使い手をつなぐ架け橋になれれば』との思いからお店作りを決意。


紆余曲折あったそうですが、一人一人の職人さんと向き合い、信頼関係を築いていきながら「Bamboo bamboo」をオープンされたそうです。


なので、ここで取り扱っている商品には、人一倍大きな愛情と強い想いが込められています。






竹細工についてほとんど何も知らなかったんですが、職人さんの想いや作り方を伺っているうちに、私も自然と竹細工の魅力に惹き込まれました (*^^*)



Bamboo bambooさんは、お店の雰囲気はもちろん、笑顔がとっても素敵なオーナー中村さんの人柄も魅力ですよ♪





というわけで・・・



〇場所はコチラ ↓



〇詳細&お問い合わせはコチラまで ↓

【Bamboo bamboo (バンブー バンブー) 】

[住  所] 大分県別府市中央町1‐30 堀ビル1F
[電話番号] 0977-22-5610
[営業時間] 10:00〜18:00
[定 休 日] 火曜日
[駐 車 場] すぐ隣にコインパーキング有り

・公式サイト(Facebook)⇒Bamboo bamboo




皆さんも機会があれば是非一度、『Bamboo bamboo(バンブーバンブー)』さんを訪れ、職人さんの想いが込もった伝統工芸「別府竹細工」の魅力を感じてみてはいかがでしょうか v( ̄∇ ̄)






〜追記〜

次回の更新は9月23日(土)を予定しております m(__)m


[登録日] 2017/09/09 10:35 | 固定リンク | コメント(2)
  • ▼ コメント
  • 竹瓦温泉の先だったのですね。
    竹だけに・・・・

    いいですね。竹の帽子あるかな。
    涼しげで色が付いたらいい感じになるかなと。
    ただ、電車の中に忘れそうなのが、気がかりの私です。
    旅のアイテムに使いたいなー。
    投稿者: ポチョムキン |2017/09/24 23:17
  • ポチョムキン様コメントありがとうございます。

    はい。「竹」だけに、竹瓦温泉のすぐそばです(笑)

    とっても斬新なデザインのお店なので、すぐにお分かりいただけると思いますよ(*^-^*)

    うろ覚えですが、バンブーバンブーさんに竹の帽子はなかったような気がします(^_^;)

    竹で出来た帽子といえば、「笠」のイメージしか思い浮かびません(笑)

    そうなると、かなり渋いですね(笑)

    お店の雰囲気&オーナー中村さんも本当に素敵ですし、お土産に喜ばれるようなオシャレな竹製品もたくさんあるので、もし別府を訪れる機会があれば是非お立ち寄りください(^^)v
    投稿者: フェリースタッフ豊田 |2017/09/25 17:16
▼ コメントの投稿
名前 必須

メールアドレス
※ メールアドレスは公開されません。
URL


コメント 必須 記号挿入

※ URLは自動的にリンクされます。

画像認証 必須
(半角)
※ お手数ですが、下の画像の中にある数字を上記へ入力してください。
画像認証
← 2017/11 →
01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

スタッフおすすめスポット
アーカイブ
RSS
あかねの郷・渓泉 選べる宿泊プラン レジャーパック くにさき六郷温泉「山翆荘」宿泊&フェリー往復パック