Top > スタッフブログ

スタッフブログ

詳細表示 リスト表示 検索
すべての一覧を表示 [ページ] 46 45 44 43 42 41 ... 次→

秋はやっぱり紅葉狩り♪県内を代表する紅葉スポットをご紹介 !

秋も深まり、朝晩はより一層冷え込んできました。

この時期になると、布団から出る際に気合いがいるんですよね ( ̄∇ ̄;)

まだ寒さに慣れてないためか、かなりの“勇気と根性”が必要となります(笑)


急激な気候の変化で体調管理は大変でしょうが、くれぐれもお風邪など召されないようお気をつけ下さい m(__)m





それでは、本題に入りますね (*^^*)


秋の楽しみといえば、何と言っても「紅葉狩り」ですよね!(^∇^d)


キレイな紅葉を眺めながら、のんびりと温泉に浸かり、美味しい秋の味覚に舌鼓・・・とにかく紅葉ドライブは魅力がいっぱい♪ヾ(^o^)/




そこで今回は、毎年恒例となった「大分県を代表する紅葉スポット」をご紹介させていただきますね! v( ̄∇ ̄)



まずはコチラ ↓



竹田津港からお車で約1時間20分。

中津市耶馬渓町にある『深耶馬渓』 (しんやばけい)


狭い谷に絶壁や石柱が屏風のように連なる奇岩秀峰が魅力の景勝地で、1年を通して鮮やかな景観を見せてくれることで有名なスポットです。





特に秋は、キレイな紅葉と周囲の山々とのコントラストが楽しめる事で人気が高く、毎年大勢の観光客が訪れる県内屈指の・・・いや、九州を代表する紅葉スポットなんですよ! (^∇^d)











道中や周辺もキレイですが、やはり深耶馬渓といえば「一目八景展望台」から眺める紅葉がベスト! ↓


※「一目八景」とは、8つの峰が一望できることから名付けられたそうです。



目の前に迫ってくるような大迫力の景観!




これが深耶馬渓の最大の特徴で、他にはないダイナミックな紅葉が楽しめます! (^∇^d)



ただ、ご紹介した写真はいずれも昨年までのピーク時の様子なんですσ(^_^;)


まだ若干早かったもので・・・。



ってことで、現在「11月6日(水)」の様子がコチラ ↓









全体的にはまだまだでしたが・・・





ところどころで紅葉は始まってましたよ (^∇^d)





そして深耶馬渓のもう一つの楽しみといえば、やっぱりコレ♪ ↓


深耶馬溪はそば処としても有名で、一目八景の周辺にはたくさんのお店があり、いたるところで美味しいそばがいただけます (*^^*)


また周辺で販売されているそば饅頭いきなり団子もめちゃめちゃ美味しいので、皆さんも是非♪



深耶馬渓の紅葉は、11月上旬〜下旬頃まで楽しめます。




○場所はコチラ ↓






そして県内にはもう一か所、九州屈指の人気を誇る紅葉スポットがあります!


それがコチラ! ↓


深耶馬渓からお車で約30分。(竹田津港からはお車で約2時間半。)

玖珠郡九重町にある『九酔渓』(きゅうすいけい)


深耶馬渓が「見上げる紅葉」に対して、九酔渓は「見下ろす紅葉」といったところでしょうか。




約2qにも及ぶ深い渓谷に広がる“渓谷美”と、すぐ近くにある「九重夢大吊橋」から眺める“大パノラマ”

二つの違った紅葉が見られる事で人気なんですよ! (^∇^d)


上記の写真は昨年ピーク時の様子ですが、真っ赤に染まった圧巻の紅葉を楽しめるのが九酔渓の最大の魅力です (*^^*)



同じく11月6日(水)の様子はこんな感じ ↓












深耶馬渓と比べると、こちらの方がかなり紅葉が進んでる印象でした (*^^*)




さて九酔渓のもう一つの魅力と言えば、コチラの桂茶屋さん ↓



※こんなユニークな格好をしたスタッフさんがいます(笑) ↓



店内には、お団子やヤマメの塩焼をはじめ、九重を中心とした県内のお土産などもたくさん販売されているのでオススメ! (*^^*)






展望台の裏には「願いが叶う」と云われているパワースポット『天狗の滝』もありますし、魅力いっぱいの紅葉スポットです♪






九酔渓の紅葉は深耶馬渓よりも若干早く、11月初めから中旬にかけて見頃を迎えそうです。

※奥に見えるのは「九重夢大吊橋」



〇場所はコチラ ↓






皆様も機会があれば是非一度、九州屈指の人気を誇る紅葉スポット「深耶馬渓」&「九酔渓」を訪れ、のんびりと紅葉ドライブを楽しんでみてはいかがでしょうか (*^^*)



[登録日] 2019/11/09 18:15 | 固定リンク | コメント(0)

思わずクスっと笑える!?国東の海岸にあるユニークな岩

ラグビーワールドカップも、いよいよ決勝戦を残すのみとなりました。

日本代表は惜しくもベスト8で敗退してしましたが、それでも史上初となる決勝トーナメント進出は本当に凄かったですし、盛り上げていただいて感謝ですね!


さて、11月に入り、秋もかなり深まってきました。

昼間は暖かい日が多いものの、朝晩は震えるほどの寒さに・・・。

我が家では今週、慌ててコタツとファンヒーターを出しました(笑)


寒くなってくると楽しみなのが紅葉ドライブ!

県内の紅葉の名所も少しづつ色づき始めていますし、次回は紅葉スポットのご紹介や状況などをお届けできればと思ってます♪




それでは本題に入りますね (*^^*)


今回は、有名なスポットではないんですが、思わずクスッとなるようなおもしろネタをご紹介させていただきますね。( ̄m ̄*)

※思いっきり肩の力を抜いてご覧ください(笑)



まずはコチラ ↓


国東市国東町黒津崎海岸にある、その名も『おしり岩』(笑)

※国道213号線沿い、「ホテルヴィラくにさき」さんのフロントの前を通り過ぎて少し奥に進むと看板が立ってます。


松林を数メートルほど歩けば、黒津崎海岸。
約1qにも及ぶ白砂青松の海岸が広がり、天気のいい日は四国まで見渡せます。 ↓



さて、気になるおしり岩ですが、松林を抜けて左側を少し歩くと・・・ ↓


あ、これだ!





思ってた以上に、リアルなおしりでした (笑)


荒波にも流されることなくドッシリと構えたこの岩は、まるでお相撲さんの臀部のように逞しく、張りがあり、まさに(おしり)そのもの!


あまりの見事さ、そして大自然が作り出した造形美にただただ魅入ってしまいました。




かなりユニークなスポットだと思うんですが、あまり知られてないのは、全国の7割を占めるといわれる石造美術(国東塔や磨崖仏等)が点在している仏の里である国東半島のイメージとは大きくかけ離れているからかな?


「道の駅くにさき」のすぐ近くにあるにも関わらず、おしり岩はほとんど無名に近い状態なので、穴場スポットをお探しの方は是非! (^∇^d)



〇場所はコチラ ↓





そして、もう一か所。

これは社内コンプライアンスに引っ掛かりそうな案件?なので(笑)、どうしようか迷ったんですが・・・ご紹介します!


まず場所ですが、同じく国道213号線沿い、大分空港のすぐ手前にあるこの交差点を左折 ↓

※「マリンピアむさし」さんの看板が目印


曲がると、すぐ左手に糸原海岸「大海田漁港環境広場」があります。 ↓


この駐車場から海岸の先を見ると現れるのが、この岩 ↓






・・・・!!?


もうお分かりですよね ( ̄m ̄*)


その名も『珍宝岩(石)』

・・・そう呼ばれているそうなんですが、詳しくご紹介すると、いろいろと問題が起きそうなのと、話が盛り上がりすぎてしまいそうなので、自粛します(笑)




それにしても、いろんな意味でめちゃめちゃリアルですよね〜 ( ̄m ̄*)ヾ( ̄∇ ̄;)コラ!



おそらく地元の方だと思いますが、一応鳥居も建てられているので、その道の神様としてしっかりと崇められているようです。



インスタ映え・・・しないか(笑)



潮の満ち引きによって見え方が変わるという“特異性”も持ってるので、興味のある方は是非(笑)



〇場所はコチラ ↓





以上、いかがでしたでしょうか?


もしかしたら地元の方もほとんど知られていないほどの穴場スポットですが、いずれも国道213号線からすぐですし、興味のある方は別府や湯布院に向かわれる途中など、気軽に立ち寄ってみてはいかがでしょうか v( ̄∇ ̄)



〇お問い合わせはコチラまで ↓

【国東市観光協会】

[住  所] 国東市国東町小原2662-1(サイクリングターミナル内)
[電話番号] 0978-72-5168
[営業時間] 09:00〜17:00

[登録日] 2019/11/02 16:46 | 固定リンク | コメント(0)

お地蔵様が浮かび上がる不思議な岩とあの剣豪の古戦場!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
東日本を直撃した台風19号。

関東地方にも弊社スタッフブログをご愛読いただいている方々がいらっしゃるということもあり、祈るような気持ちでニュースを見ておりました。

東海・関東・東北地方を縦断し、強風と豪雨で河川の氾濫や土砂災害など各地に甚大な被害が出ており、大変心を痛めております。

この度の台風19号により、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りすると共に、被害を受けられた方々に衷心よりお見舞い申し上げます。

一日も早い復旧と、皆様が平穏な日々を取り戻せるよう心よりお祈り申し上げます。


スオーナダフェリー株式会社 スタッフ一同

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



ご無沙汰しておりました m(__)m

本来であれば先々週更新をさせていただく予定だったんですが、さまざまなハプニングが重なり、約1ヶ月ぶりの更新となってしまいましたσ(^_^;)


それにしてもこの1ヶ月の間に、台風が襲来したり、消費税が10%になったり、ラグビーワールドカップが始まったり、何だかいろんな大きな出来事が・・・。

特にラグビーワールドカップは、日本代表の史上初ベスト8入りという大活躍もあり、すごく盛り上がってますよね!

大分でも全5試合が実施される予定で、すでに3試合を消化しましたが、県内はもちろん、弊社フェリーで観戦にお越しいただく海外ファンの方も大変多く、予想以上の盛り上がりになってます!

台風19号の影響で、残念ながら数試合が中止となってしまいましたが、このまま無事に、そして大成功で終えて欲しいですね!(^∇^d)




それでは本題に入りますね (*^^*)


ここ国東半島は奇石奇岩が多く、景勝地はもちろん、石仏や摩崖仏、国東搭など、石や岩の文化がとにかく盛んな地域です。



そういうこともあり、石や岩にまつわる伝説もたくさん残っているんですが、その中で今回は国東市にあるちょっぴりユニークなスポットをご紹介させていただきますね (*^^*)


コチラ ↓


国東市富来にある【割石地蔵尊】(わりいしじぞうそん)


国道213号線、富来浦の交差点から富来開運ロードで知られる県道652号線に入り約1qほど進むと左手に下記の小さな標識があるので、ここを左折します。 ↓

※田んぼ道です(笑)


ここから道なりに数百メートルほど進むと見えてくるのがこの隧道 ↓


短いトンネルですが、離合困難なので、くれぐれも対向車にご注意下さい。


トンネルを抜け、しばらく進むと青い幟がたくさん立ってます。


ここが割石地蔵尊です。


▼説明看板


なんて書いてあるか全く分からないと思うので、要約すると(笑)

その昔、石橋を架けるために、石工が大岩を割ろうと鉄槌を打ちおろしたところ、石の中から血が噴き出てきた。これを見ていたお坊様が、その岩に向かってお経を唱えながら鉄槌を降ろすと、岩は二つに割れ、中から地蔵様が出てきた。それ以降、このお地蔵様に祈願に訪れる人は後を絶たない。

・・・といった感じでしょうか。



こちらが本堂 ↓



小さなお堂ですが、裏に回ってみると大きな岩が壁と同化しています。


これがいわゆるお地蔵様が現れたという岩ですね。


▼真後ろからのお姿




お堂の中に入れるようになっているので、お参りもバッチリできます。



格子越しに見えるコレがお地蔵様の姿をした部分。


肉眼でもはっきりソレと分かる形をしています。

これが自然に浮き出てきたものなら確かに不思議でしょうね。


いろいろと御利益があるみたいなので、私もしっかりとお参りをしてきました ( ̄人 ̄)



正直かなりマイナーなスポットですが、興味のある方は是非!(^∇^d)




ちなみに。

岩伝説とは全く関係ないんですが(笑)、割石地蔵尊のすぐ近くにもう1つ興味深いスポットがあります。

それがコチラ ↓


宮本武蔵の古戦場といわれている【富来城跡】(とみくじょうあと)




『富来浦を見下ろす断崖の上に建つ堅固な城』 といわれた富来城。

規模は小さいものの、あの足利尊氏が入城したこともあるんだとか。
※これって何気にスゴイことですよね!


▼説明看板


18代城主・富来実直は大友宗麟 の近侍として活躍。
1594年(文禄3年)には秀吉の命により、垣見一直(名は家純)が入城する。
一直は石田三成と親しく、関ヶ原合戦には西軍方として出陣した。
しかし、大垣城(岐阜県大垣市)にて戦死する。
その間、城を守っていたのは兄の垣見理右衛門 で、石垣原合戦で勝利した黒田軍と交戦中、関ヶ原にて西軍敗退との知らせを受け開城した。

この戦いに剣豪として有名な宮本武蔵は黒田軍として参加。
奮闘の末に足を負傷したといわれている。



上がってみると ↓


奥に小さな祠らしきものと石碑があるだけで、他はなんにも見当たりませんでした ( ̄∇ ̄;)アレ?

まぁ、富来城“跡”なので、何もないのは当然といえば当然かもしれませんが(笑)


周囲に石垣が見えるのが、唯一の形跡かな。 ↓



▼どなたかが作った説明文



ただ、かつてここであの剣豪宮本武蔵や黒田官兵衛(如水)が戦ったと想像すると・・・ちょっぴりワクワクしますよね (*^^*)





というわけで・・・


〇【割石地蔵尊】の場所はコチラ ↓



〇【富来城跡】の場所はコチラ ↓



〇詳細&お問い合わせはコチラまで ↓

【国東市観光協会】

[住  所] 国東市国東町小原2662-1(サイクリングターミナル内)
[電話番号] 0978-72-5168
[営業時間] 09:00〜17:00



皆様も機会があれば是非一度、岩が二つに割れ、その中からお地蔵様が出てきたという不思議な伝説が残る『割石地蔵尊』と宮本武蔵の古戦場といわれている『富来城跡』を訪れてみてはいかがでしょうか v( ̄∇ ̄)

[登録日] 2019/10/15 01:40 | 固定リンク | コメント(2)

温泉通も唸る!?貴重な泉質を持つロケーション抜群の秘湯!

賑やかだった夏休みが終わり、何だか少し落ち着いた雰囲気だと感じるのは気候のせいでしょうか (*^^*)

9月に入ってから、朝晩はかなり涼しくなってきたような気がします。


ただ!
昼間はめちゃめちゃ暑いですよね〜(汗)


8月は長雨の影響であまり気温が上がらなかったせいか、今の暑さは余計に体に堪えます( ̄∇ ̄;)


皆様も体調など崩されないようくれぐれもお気をつけ下さい m(__)m




それでは本題に入りますね (*^^*)


これから秋も徐々に深まってきます。

朝晩の冷え込みが増してくると、恋しくなるのが“温泉”ですよね!


これまでもたくさんの温泉スポットをご紹介させていただきましたが、今回はかなり珍しい泉質を持つ温泉をご紹介させていただきます (^∇^d)



宇佐市から玖珠町に抜ける国道387号線。

この国道を通ったことがある方ならお分かりかと思いますが、至る所でこのようなちょっぴりユニークな看板を目にします。 ↓


今回ご紹介させていただくのは『七福温泉 宇戸の庄』さん



「七福温泉」という名前は、宇戸の庄さんのすぐ近くにある、国道沿いから見える七つの石を七福神に見立てた東奥山七福神に由来したものだと思われます。 ↓




宇戸の庄さんの場所は、国道から脇道に入った谷底付近にあるんですが、入り口にはノボリがたくさん立ってるので、ここを曲がって下さい。↓



あとは所々に立てられている看板を目印に進んでいけば大丈夫♪ ↓



山の中腹へ下って行くと、立派な木造の建物が見えて来ました。


ここが『七福温泉 宇戸の庄』さんです。 ↓

※竹田津港からお車で約1時間30分。


なんだか昔の小学校のようなめっちゃ雰囲気のある建物ですよね!

いわゆる「母屋」と呼ばれる建物で、お風呂の受付はこの中で行いますが、宿泊や食事処なども完備されています。



宇戸の庄さんはとにかく、ロケーションが素晴らしい!




奇峰奇岩がそびえ立ち、まるで中国の山水画を思わせるような・・・。

写真が下手くそでうまく伝わらないかもしれませんが、訪れていただければきっとお分かりいただけると思います(笑)


それにしても、面白い形をした岩がたくさん!


拝んでいるように見える岩だったり ↓



落ちそうで落ちない不思議な岩だったり ↓

※その名も鬼の磨り臼。「落ちてきそうで落ちない」ということから受験の合格祈願で訪れる人も。


このように宇戸の庄さんは、人里離れた秘境にあり、奇岩に囲まれた景観から 「仙人の住む宿」「七福神の隠れ里」などと呼ばれているんだとか。


うん、その表現、よく分かります (*^^*)

ちなみに紅葉シーズンになると、もっと圧巻の光景が広がるらしいですよ♪




さて、宇戸の庄さんの温泉は男女別の岩風呂(弁天の湯)のほか、貸切風呂も4つあって、どれも雰囲気抜群なんですが、今回は一般的な岩風呂にお邪魔させていただきました。 ↓



脱衣所は広くとっても清潔♪ ↓


木で造られているので雰囲気も素敵ですね。


▼露天風呂


大きな岩が並ぶ中に石造りの大きな浴槽です。



露天風呂から眺める景色も最高♪



そして今回、皆さんに最もご紹介したかったのがコレ! ↓


美しい琥珀色のお湯・・・

「モール泉」と呼ばれる泉質なんですが、おそらく多くの方はご存知ないんじゃないでしょうか。

それもそのはずで、モール泉は温泉法の中で効能泉とは認められていません。

モール泉を有する温泉は世界的に見ても数が少なく、効能泉としても認められていないことから知名度も低め。

しかし、その泉質はかなり特殊で、初めて入ると度肝を抜かれます!


その一つがこの気泡! ↓


炭酸泉でもないのに、入っていると全身がシュワシュワの泡で包まれるんです!
※もはやジャグジーなみ(笑)



ただでさえレアなモール泉の中でもこのようなガス成分がしっかり入っているのは大変珍しく、鮮度が高くないとまず見られない特徴だそうです。

温泉通の方々も一目置いているんだとか。


お湯も驚くほどヌルヌルしてて美肌効果抜群!
化粧水代わりにお湯の持ち帰りをされる方もいるそうですよ。


源泉温度が38.1℃なので一般的な温泉に比べると若干ぬるめですが、ゆっくり浸かれば身体の芯から温まります。

これほど保温効果をまじまじと感じられる泉質は他に無いんじゃないかなと (*^^*)


▼内風呂


内湯はあつ目のお湯となっているので、露天風呂が少し寒く感じたら、こちらの内湯で温まってください。




温泉で疲れを癒したあとは・・・お腹が空きますよね(笑)


宇戸の庄さんのもう一つの魅力が食事なんです!



母屋の中にある食事処で、ヤマメやアユ、イノシシやキジなど、ちょっぴり珍しい料理が楽しめます。





▼メニュー表(一部)







今回いただいたのが、一番人気メニューのコチラ ↓


【七福定食】 1600円税別

ヤマメの塩焼きが味わえて、更に温泉入浴付きという、とってもお得なセットなんですよ(^∇^d)


ヤマメは川魚特有の臭みがほとんどなく、あっさりした中にも旨味や甘味があって本当に美味しかった♪


骨も柔らかいので、頭から内臓までまるごといけちゃいます(笑)


また一緒に出していただいたお水とお茶も ↓


ここで湧き出した「若がえる水」を使用されているそうです。




宇戸の庄さんは他にも、ヤマメの釣り堀やBBQ、夏はプールなど、ご家族連れでも一日中楽しめる施設がたくさんあるんですよ。

▼釣り堀

※土日限定






最後に、宇戸の庄さんから大きなプレゼントをいただきました!*キラッ*


なんと!
受付で弊社の乗船証明書(乗用車)をご提示いただくと、岩風呂の入浴料が半額(通常400円⇒200円)でご利用いただけます!O(≧∇≦)O
※期間は令和2年3月31日まで!


大分にお越しの際はスオーナダフェリーにご乗船いただき、宇戸の庄さんの温泉や食事をご堪能下さい♪







というわけで・・・


〇場所はコチラ ↓




〇詳細&お問い合わせはコチラまで ↓

豊後の郷七福温泉【宇戸の庄】

[住  所] 玖珠郡玖珠町大字森字谷の河内4398-2
[電話番号] 0973-72-0429
[営業時間]
◎お風呂 10:00〜19:00(※18:00 受付終了)
◎食事処 10:00〜18:00(※17:30 オーダーストップ)
[定 休 日] 事前にお問い合わせ下さい。
※雪や台風などの悪天候の場合は休業

◎公式HP⇒豊後の郷七福温泉【宇戸の庄】


皆様も機会があれば是非一度、とっても珍しい泉質を持つロケーション抜群の秘湯【七福温泉 宇戸の庄】さんを訪れ、心も体も癒されてみてはいかがでしょうか v( ̄∇ ̄)


[登録日] 2019/09/14 19:50 | 固定リンク | コメント(0)

今年の夏休みもたくさんのご乗船ありがとうございました!

長かった夏休みも終わり、明日から9月に突入です。

台風の襲来や長雨の影響であいにくの天候が続きましたが、それでも今年もたくさんのお客様にご乗船いただきました!

皆様、いつも本当にありがとうございます(T_T)


子どもたちにとっては楽しい夏休みですが、親御さんは正直「ホッと一息」といった感じではないでしょうか?

毎日の昼食の準備や宿題の監督は大変ですもんね(^_^;)

本当にお疲れ様でしたm(__)m



それにしても今年はホントに雨が多かったですよね。

お盆休みの真っ只中に直撃した台風以降、ほぼずっと雨が続き、結局最後まで天候に恵まれず。。。

特に終盤は秋雨前線の影響により九州北部から中国・四国地方にかけて災害級の大雨に見舞われ、いろいろと大変でした(汗)


ここまで夏休み感がなかった年は初めてかも ( ̄∇ ̄;)


我が家も夏休み中は一日だけ子供たちを阿蘇のカドリードミニオンに連れていっただけで、他はどこにも行けずじまいに・・・。

なんだか不完全燃焼のまま夏休みが終わったので、このフラストレーションはこれから始まる秋の行楽シーズンで爆発させようと思います!(笑)




さてさて、本来ならばここから新たなオススメスポットをご紹介をさせていただく予定だったんですが・・・

実は取材予定日がことごとく豪雨に見舞われ、さらには愛用していた一眼レフカメラが壊れるなど、さまざまなハプニングが重なり、結局取材が出来ませんでした(T_T)


そこで今回は、過去のブログの中から、もうお忘れになっている方も多い(かもしれない笑)コチラのスポットをご紹介させていただきます。 ↓


竹田津港からお車で約20分。

豊後高田市にある真玉海岸(またまかいがん)

メディアや雑誌などで頻繁に登場する大分を代表するスポットです。

先日も某テレビ番組で嵐の桜井翔さん・妻夫木聡さん、佐藤隆太さんが来られて、かなり話題となりました♪



真玉海岸の魅力はなんといっても日本一とも言われている夕陽の絶景! ↓





遠浅の海岸なので、干潮と日の入が重なると縞模様が浮かび上がって美しい情景を映し出し、夕陽が西の空をオレンジに染めます。





波によって姿が変わるので、一年を通して毎日違った風景が楽しめる事も多くのカメラマンを虜にしている大きな理由です (*^^*)



もちろんデートスポットとしても大人気♪






とにかく“映えるスポット”の真玉海岸ですが、魅力は風景だけじゃありません。


春から夏にかけては、子供たちにも大人気のマテ貝掘りも楽しめるんですよ。 ↓


クワで砂を掘ると楕円形をした穴が出てきます。

その穴の中に食塩をひとつまみ入れると、マテ貝が“海水が満ちた!”と勘違いして地面から飛び出してきたところをすかさずゆっくり引き抜く!



これがとってもスリリングで、お子さんはもちろん大人もゲーム感覚で楽しめます♪



9月〜10月はマテ貝生育のために禁漁期間となっていてマテ貝掘りはできませんので、くれぐれもご注意下さい m(__)m




いかがでしたでしょうか? (*^^*)


ブログではもうかなり前にご紹介したので、「あ、そういえばこんなスポットもあったんだ!」と、少しでも思い出していただけたら幸いです。


今回はいろんなハプニングが重なり、急遽こういった形になってしまいましたが、今後もたまには過去に登場したスポットをご紹介していこうかな ( ̄m ̄*)ボソッ





言うまでもないかもしれませんが、夕陽の絶景は日の入り時間と干潮時間のタイミングが重要なので、予め下記のリンクにて潮の状況を確認されてから訪れて下さいね (*^^*)
潮MieYell(しおみエール)




というわけで・・・


〇場所はコチラ ↓



◎詳細&お問い合わせはコチラまで ↓

豊後高田市観光協会
(豊後高田市観光まちづくり株式会社)

TEL:0978-23-1860



皆さんも機会があれば是非一度、きれいな夕陽の撮影はもちろん、ドライブやデートにも超オススメのスポット『真玉海岸』を訪れてみてはいかがでしょうか v( ̄∇ ̄)

[登録日] 2019/08/31 12:55 | 固定リンク | コメント(4)

夏休みの定番!これから見頃を迎える圧巻のひまわり畑!

お盆休みに突入しました!

今年は「山の日」と週末が重なり、長い方で9連休という方も!


皆さんは、どのように過ごされる予定ですか? (*^^*)

実家へ帰省される方、国内旅行や海外へ行かれる方、 自宅でのんびり過ごされる方など様々だと思います。


ただ、やっぱり気になるのは台風の動向ですよね ( ̄∇ ̄;)

何事もなく過ぎ去ってくれればいいんですが・・・。





それでは、本題に入りますね (*^^*)



夏休みも残すところあと約3週間。

人混みを避け、気候も徐々に過ごしやすくなるお盆過ぎからの時期を狙って計画を立てている方も多いかもしれません (*^^*)


そこで今回は、これから見頃を迎える夏休みの定番スポットをご紹介させていただきますね!


それがコチラ ↓


竹田津港からお車でわずか10分。

豊後高田市香々地にある『長崎鼻リゾートキャンプ場』 (アートと花の岬 長崎鼻)


そう、今年もこの時期がやってきました!





ひまわりフェスタ2018です! O(≧∇≦)O
※令和元年8月17日(土)〜9月8日(日)



※写真はいずれも満開時の様子。

その数なんと、約160万本!!



九州最大級のひまわり畑なんですよ!ヾ(^o^)/





広さは約16.5万平方メートルで、実にヤフオクドーム(福岡ドーム)約2.4個分にもおよびます。






周防灘の青い海&青い空と咲き乱れる黄色いひまわりとのコントラストは、写真や文章では表現しきれないほどの美しさ!O(≧∇≦)O






ところどころに展望台も設置されていて、そこから眺める景色も圧巻です!




今や大分の夏休みの定番スポットとして大人気なので、毎年たくさんのご家族連れやカップル、カメラを持った方などが訪れ、大変な賑わいになります (*^^*)









ちなみに、私が好きなのは夕方!




夕陽をバックに見るひまわりは、切ない気分になるというか、趣深いというか・・・表情が違って見えるんですよね (*^^*)





この感じがたまらなく好きです。





竹田津港19:00発便をご利用のお客様は、待ち時間などに長崎鼻を訪れると、この風景を楽しむ事が出来るかも♪





また長崎鼻の魅力は、ひまわりだけじゃありません!


▼海が見えるレストラン『花キッチンfiore(フィオーレ)』




フィオーレさんでは地元の食材を使った本格的なイタリアンが楽しめたり ↓


▼テラス席




長崎鼻で収穫・加工されたひまわり&菜の花オイルなども販売されています。↓


パッケージもオシャレなので、お土産や贈り物として大人気なんですよ (*^^*)




更に海水浴場にあるビーチカフェでは ↓




人気のオーガニックコーヒーをはじめ、ちょっとした軽食から本格的なBBQまで楽しむ事ができます (^∇^d)






ひまわり観賞はもちろん、食事やキャンプ・海水浴、写真撮影などなど、いろんな楽しみ方ができる夏休みのお出かけには外せないスポットです♪ (^∇^d)







というわけで・・・


○場所はコチラ ↓



○詳細&お問い合わせはコチラまで ↓

【長崎鼻リゾートキャンプ場】(花とアートの岬 長崎鼻)


[住  所] 大分県豊後高田市見目4060
[電話番号] 0978-54-2200
[イベント期間] 令和元年8月17日(土)〜令和元年9月8日(日)
[入 園 料] 無料
[駐車料金] 普通車500円(約300台)

※最新の開花状況&イベント詳細は下記にてご確認下さい。 ↓
[公式サイト] 花とアートの岬:長崎鼻
[公式facebook] 長崎鼻B・Kネット



今年の夏休みは是非、圧巻の光景が広がる九州最大級のひまわり畑『長崎鼻リゾートキャンプ場』を訪れ、思いっきり「夏」を満喫されてはいかがでしょうか v( ̄∇ ̄)






〜追記〜

次回の更新は、3週間お休みをさせていただいて8月31日(土)を予定しております m(__)m


[登録日] 2019/08/10 12:20 | 固定リンク | コメント(2)

涼しさと癒しと大自然が満喫できるスポット♪

ようやく梅雨も明けて、待ちに待った夏休みに入りました!

ただ、梅雨明けした途端にとんでもない暑さが・・・( ̄∇ ̄;)


ここ国東半島でも、連日30℃を超える猛暑となっています。

なので、私は早くも・・・夏バテ気味です ( ̄▼ ̄|||)だめだこりゃ〜



そこで今回は、夏休みにオススメの涼しくなるスポットをご紹介させていただきますね! (^∇^d)



それがコチラ ↓


竹田津港から約1時間10分。

宇佐市院内にある『岳切渓谷』(たっきりけいこく)!





いわずと知れた大分を代表する清涼スポットです! v( ̄∇ ̄)


もう何度もご紹介させていただいてるスポットなのでご存知の方は多いでしょうが、そうでない方もいらっしゃると思うので、改めてご紹介させていただきますね (*^^*)



岳切渓谷の魅力は何といっても、沢歩きが楽しめる事




凝結溶岩と呼ばれる一枚岩の清流が約2qも続く、全国でも大変珍しい『水流遊歩道』なんです! ヾ(^o^)/





▼足元はこんな感じ


この角が鋭い感じから、硬い岩盤だということがお分かりいただけると思います。



一見、川のようにも見えますが・・・水深はたったの5〜10p!!
※もちろん水量は降水量などによって多少変わります。




水の上を歩いてるような不思議な画に見えませんか? ↓



なので、小さなお子様でも安心して思いっきり水遊びを楽しむ事が出来るんですよ (^∇^d)

あ、逆を言えば、浅すぎて確実に泳げませんが(笑)




そして、もう一つの魅力は、この大自然!ヾ(^o^)/









豊の国15選にも選ばれている清らかな清流と緑に囲まれ、マイナスイオンたっぷりで、空気もウマイ♪





気温も体感で−5℃以上は涼しく感じます。(^∇^d)





まさに、究極の癒し空間ですね!(*^^*)






子供だけじゃなく、大人もはしゃぎたくなる!!


そんな魅力的なスポットです♪








少しは「涼」を感じていただけましたでしょうか? (*^^*)










ちなみに、2q先の最終地点はコチラ。 ↓



すぐ先には、上から見下ろせる落差27mの「大飛の滝」があり、それを皆さんにご紹介したかったんですが・・・残念ながら立ち入り禁止でした( ̄▽ ̄;)




また岳切渓谷にはキャンプ場も完備されてるので、お子様との夏休みの思い出作りにも最適ですよ (*^^*) ↓








▼全体図





普段、自然と触れ合う機会が少ないお子様にオススメ!

毎年夏休みになると大勢の人で賑わう大人気のスポットです (*^^*)








というわけで・・・



〇場所はコチラ ↓



〇お問い合わせはコチラまで ↓

【岳切渓谷】(たっきりけいこく)

[住  所] 宇佐市院内町定別当
[電話番号] 0978-42-6326(岳切渓谷管理棟)
[入場料金] 大人(中学生以上)200円、小学生100円、未就学児無料



今年の夏休みは是非、ご家族みんなで涼しさと癒しと大自然が満喫できる『岳切渓谷』を訪れてみてはいかがでしょうか v( ̄∇ ̄)






〜追記〜

次回の更新は8月10日(土)を予定しております m(__)m

[登録日] 2019/07/27 14:52 | 固定リンク | コメント(0)

海を眺めながら気軽にフレンチ!道の駅にオープンした話題のレストラン!

7月も半ばに差し掛かり、例年だとそろそろ梅雨明けしてもおかしくない時期でありますが、今年は梅雨入りがとんでもなく遅かった影響からか、来週もずっと雨マークが続いているので、まだしばらくは梅雨明けしそうにないですね ( ̄∇ ̄;)


まさか夏休みに入って、まだ梅雨なんて可能性も!?


・・・さすがにないかな?(笑)





それでは本題に入りますね (*^^*)


今回ご紹介させていただくお店がある場所はコチラ ↓



竹田津港からお車で約35分。

【道の駅くにさき】


太刀魚を使った『太刀重』が食べられることで有名な食事処「銀たちの郷」や国東の名産品や特産品が買える直売所「黒津之庄」をはじめ、サイクリングターミナルや観光案内所なども完備されている、いわば「国東半島の情報発信基地」です。





この敷地内に、とってもオシャレなレストランが今年4月にオープンしたんです!ヾ(^o^)/


それがコチラ! ↓



【Belle côte(ベルコート)】
さん





外観からは想像できないほど、めっちゃオシャレな店内! ↓



ガラス張りの店内は解放感があって、落ち着いた雰囲気!




オーナーがホテル運営やブライダルのプロデュースをされているということもあって、インテリアもひとつひとつおしゃれなんですよ。





更に、外にはテラス席もあって、目の前にある黒津崎海岸から波の音も聞こえてきます♪



中でも特等席はやっぱりこの海が望めるカウンターかな (*^^*) ↓



店名の「ベルコート」はフランス語で“美しい海岸”という意味らしいんですが、まさにそのイメージの通りのお店ですね (*^^*)




一見、超高級レストランのような佇まいのベルコートさんですが、ご安心くださいませ。


お値段はリーズナブルなんですよ♪ (^∇^d)


▼メニュー表


カジュアルフレンチを中心としたランチが1,000円前後で楽しめます。


ほとんどがワンプレートなので、特に女性の方にオススメかも♪



コーヒーやデザート類もかなり充実。 ↓




そして、今回私がいただいたランチがコレ ↓



メニュー表の中で一番値段が高かった「牛リブロースのグリルとフライドポテト」(スープとライスorパン付き)!


いやぁ〜、とにかく肉🍖が食べたくて(笑)




それでも1,300円(税込)なので、そんなに高くはないですよね (*^^*)




コレコレ♪ ( ̄m ̄*) ↓


かなり肉厚で、しかもとっても柔らか!

これだけ上質なお肉がガッツリ食べられて1,300円は、やっぱりリーズナブルですよね♪




実は食後にデザートまで堪能しちゃいました ( ̄m ̄*)ここだけの話



デザートは手作りで、ガトーショコラ・タルト・チーズケーキ・シフォンケーキなどがあり、単品だと500円ですが、コーヒーとセットだと700円なんですよ(^∇^d)


甘さ控えめなので、食事のあとでもペロッといけちゃいます(*^^*)
※そもそも別腹(笑)







以上、いかがでしたでしょうか?



お店の前の松林を抜けると、すぐそこには白砂青松の黒津崎海岸



食事はもちろんですが、景色がよく開放的なので、海水浴やゆっくりと散歩するにもオススメのスポットです (*^^*)







というわけで・・・


〇場所はコチラ ↓



〇詳細&お問い合わせはコチラまで ↓

レストラン『Belle côte(ベルコート)』

[住  所] 国東市国東町小原2662−1(サイクリングターミナル内)
[電話番号] 0978−72−0707
[営業時間] 11:00〜18:00
[定 休 日] 火曜日
[駐 車 場] 無料(道の駅くにさき駐車場利用)



皆様も機会があれば是非一度、雰囲気抜群のオシャレな店内や開放的なテラス席で、黒津崎海岸を眺めながら気軽にフレンチを楽しんでみてはいかがでしょうか v( ̄∇ ̄)






〜追記〜

次回の更新は7月27日(土)を予定しております m(__)m

[登録日] 2019/07/13 13:38 | 固定リンク | コメント(0)

パワースポットとしても人気の“あじさい寺”!

6月後半になって、ようやく梅雨入り宣言が発表されました。

これから長い長い雨のシーズンが続くわけですが、実は雨の日も好きな私です。

シトシトと降る雨って何だかすごく落ち着くんですよね♪


分かっていただける人は、きっといるはず ( ̄m ̄*)

※もちろん災害が起こるような大雨はNGですが(汗)





それでは本題に入りますね (*^^*)


長雨が続くとお出かけを躊躇される方も多いと思いますが、でもこの季節にしか楽しむ事が出来ないスポットもあります! (^∇^d)


それが、前回ご紹介した花菖蒲(ハナショウブ)で有名な神楽女湖


そして、もう一つは、紫陽花(アジサイ)





国東半島周辺で有名なスポットといえば、宇佐市の「響山公園」や豊後高田市の「若宮八幡宮」・「長崎鼻リゾートキャンプ場」など、たくさんありますが・・・


やっぱり今年も、玖珠にあるコチラのスポットをご紹介させていただきます v( ̄∇ ̄) ↓


竹田津港からお車で約1時間40分。

玖珠郡九重町にある【宝八幡宮】(たからはちまんぐう)


昨年もご紹介させていただいた宝八幡宮ですが、まだご存知のない方もいらっしゃると思いますので、改めておさらいを。




本殿は宝山(標高約816m)の中腹にあり、この大鳥居から約500mほど登った場所になります。 


全体図を見ると、かなり広大な敷地だということが分かりますね。↓

※駐車場看板より



一番下からだと、この果てしない石段(324段)を登ることになりますが・・・ ↓



境内そばまで車で行けるので、ご安心を♪



▼境内入口



奈良時代の718年に創建、全国八幡宮の総本社「宇佐神宮」の分霊を奉じています。↓




そんな宝八幡宮ですが、別名『あじさい寺』と呼ばれるほど県内でも屈指のアジサイスポットで、その数はなんと約1万本!





境内をはじめ、駐車場や神社周辺のいたるところでアジサイを楽しむことができるんです♪ ヾ(^o^)/


▼駐車場入口付近



▼駐車場〜参道



▼参道



▼参道




さすが1万本、かなり見応えがありますね!



▼社殿そば



苔むした石段、重厚感のある鳥居、木造の本殿、石灯籠など、神社ならではの和の空間に美しく溶け込んでいるのが非常に印象的です。








写真はいずれも6月26日(水)に訪れた際の様子。


宝八幡宮のアジサイの見頃は、他のところよりも若干遅めの6月中旬〜7月中旬との事なので、これからがオススメですよ (^∇^d)






あ、そうそう!

昨年も見つけた“ハート型のあじさい”ですが、今年も見つけました!



これで幸せになれるはず♪ ( ̄m ̄*)フフフヾ( ̄∇ ̄;)オイ





そして、宝八幡宮のもう一つの魅力といえば、パワースポット!
※むしろ、こっちの方が有名かも(笑)


たくさんあるんですが、全てをご紹介すると長くなるので、代表的なものを3つご紹介しますね (*^^*)


まずはコチラ ↓


【開運橋&合格橋】


「開運橋」は八歩で渡れば八方円満に運が開け、「合格橋」は五歩で渡れば願いが丸く収まる(合格の願いが叶う)んだとか。

名前こそ2つありますが、橋は一つしかなかったので、おそらく二つの御利益を兼ね備えたエコロジーな橋だと思われます(笑)




続いてはコチラの【社殿】の中 ↓






この中に、大人がやっとくぐれるか・・・くぐれないかくらい絶妙なサイズの【開運鳥居】・【合格鳥居】なるパワースポットがあります。 

▼開運鳥居


▼合格鳥居




桑の木と梨の木からできている、このミニ鳥居 



桑と梨で「苦は(桑)無し(梨)」


・・・ダジャレかい!(笑)


いやいや、信じるものは救われます(笑)



この小さな門をくぐった先にある「御縁玉」をゲットできると願いが叶うんだとか。 ↓



建物内なので、服が汚れる心配もなく、気軽にチャレンジできます。


▼ホントに絶妙な大きさ(笑)


願いを込めたら気合いを入れて、くぐってみましょう♪



※私もチャレンジした結果、肩幅がキツキツでかなりピンチでしたが、なんとか通り抜けて無事にご縁玉をゲットできました。 v( ̄∇ ̄)





そして最後に、宝八幡宮の最強パワースポットがコレ! ↓



幸運をもたらしてくれるという【白イノシシ】



※ちょっぴり汚れが付いてるのでアレですが・・・本当は真っ白だそうです(笑)



▼小屋の上に掲げられている【説明看板】 ↓


文字が小さくて見づらいので、要約すると・・・


壇の浦の戦いに敗れた平家の落人が、この境内の奥にある宝山にお家再興のため財宝を埋めました。

この宝を守っていたといわれるのが白イノシシで、その姿を見た者は幸を得ると言い伝えられてきました。

そして2005年、この宝山でオスの白イノシシ(白くん)が発見され、宝八幡宮に奉納。すると1ヶ月後に近くの万年山(はねやま)でメスの白イノシシ(ユメちゃん)が見つかり、白くんのお嫁さんとして迎えられたそうです。


とっても珍しい白イノシシが2頭続けて見つかるなんて、ものすごい奇跡!


これが、最強パワースポットといわれる所以です。


▼白くんとユメちゃんの間には、たくさんの子イノシシが生まれたそうですが、親善大使として全国各地に派遣され、現在は数頭が飼われているそうです。





もうお気付きかもしれませんが、今年の干支は亥(イノシシ)!

なので、参拝されるなら年内がオススメですよ!(^∇^d)










というわけで・・・


〇場所はコチラ ↓


※玖珠ICからだと一番近いのは「西参道入口」ですが、離合できないほど道幅が狭いので、少しまわって竜門の滝のそばの大鳥居がある「正面入口」から上ることをオススメします。



〇詳細&お問い合わせはコチラまで

【宝八幡宮】(たからはちまんぐう)

[住  所] 大分県玖珠郡九重町大字松木1371
[電話番号] 0973-76-3129(宝八幡宮)
[拝観料金] 無料
[駐 車 場] 約100台(無料)


皆さんも機会があれば是非一度、境内に咲き誇る約1万本の鮮やかなアジサイはもちろん、幸運をもたらす白イノシシや開運ミニ鳥居・合格橋などなど、パワースポットとしても大人気の『宝八幡宮』を訪れてみてはいかがでしょうか v( ̄∇ ̄)






〜追記〜

次回の更新は、7月13日(土)を予定しております m(__)m 


[登録日] 2019/06/29 11:10 | 固定リンク | コメント(2)

雨でも晴れでも!梅雨に楽しめるスポットはココ!

皆さんいかがお過ごしでしょうか (*^^*)

6月も半ばに差し掛かりましたが、なぜか西日本(一部を除く)だけ未だに梅雨入りしていないんですよね。

過去に梅雨入りしなかった年もあるそうですが、それにしても今年は遅すぎる気が。。。


まぁでもその分、良い天候が続いてたので、それはそれで良かったかも ( ̄m ̄*)ボソ




さて、間もなく迎える長い長い雨のシーズンですが、 雨が続くと外出が億劫になったり、テンションが上がらなかったり、なんだか気分もジメジメしがちですよね ( ̄∇ ̄;)


そこで今回は『梅雨でも楽しめるスポット』をご紹介させていただきたいと思います (^∇^d)



「梅雨の風物詩」といえば、やっぱりコレ ↓


花菖蒲(はなしょうぶ)



このキレイな花が楽しめる大分県内で最も有名なスポットがコチラ ↓

竹田津港からお車で約1時間40分。

別府市にある『神楽女湖』(かぐらめこ)です。






毎年ご紹介しておりますが、まだご存知ない方もいらっしゃると思いますので、改めておさらいを。



神楽女湖は、一応「湖」とついてますが、湖と呼べるほど大きくありません。






イメージ的には、に近い感じでしょうか。




周囲はわずか1kmほどで、ほとんどが“湿原地帯”のような感じです。 



この環境こそ、ハナショウブが育つ最適な場所といえるのかもしれませんね (*^^*)




もちろん花しょうぶは県内のいろんな場所で楽しむことは出来ますが、その中でなぜ神楽女湖が人気なのか。


それは、やっぱりこのロケーション! ↓


花と新緑の大自然が調和し、しかもバックには由布岳や鶴見岳も望むことができるんですよ!


標高約600mの高地ということもあり、空気も美味しくて、心が癒されるんですよね♪






また種類も豊富で、約80種1万5千株(約30万本)ものハナショウブを楽しむ事ができるのも人気の理由です(*^^*)















上記の写真はいずれも今年の6月13日(木)現在の様子ですが、まだ六分咲きくらいかな?



ご覧のように、まだ蕾も多かったので ↓






本格的な見頃は来週あたりでしょうか (*^^*)



※満開時はこんな感じ ↓








ちなみに早朝や少し雨が降ると、こんな幻想的な光景も! ↓






「神楽女湖」の名前の由来は、“平安時代に鶴見岳神社の歌舞女が湖のほとりに住んでいた”という伝説から名付けられたそうですが、このような幻想的な光景を見ると、そういった逸話が生まれるのも納得ですね (*^^*)





雨がシトシトと降るこれからの時期は、こんな光景が頻繁に見られるかもしれませんね♪







ハナショウブは、7月初旬頃まで楽しむ事ができます。






期間中は出店がたくさん出てたり、「花しょうぶ鑑賞会」などのイベントも開催される予定となっていて、魅力満載ですよ (*^^*)



これから大分・別府へのご旅行を計画されている方は、是非ご参考下さい♪





というわけで・・・


○場所はコチラ ↓


※別府ICからお車で約15分。別府横断道路を湯布院方面に進み「志高湖」のすぐそばにあります。



○お問い合わせはコチラまで ↓

【神楽女湖しょうぶ園】(かぐらめこしょうぶえん)

[住  所] 別府市大字神楽女5106-1
[電話番号] 0977-21-1111(別府市観光まちづくり課)
[開場時間] 08:30〜18:00
[駐車料金] 310円(普通車)約500台



皆様も機会がございましたら是非、梅雨でも楽しめる・・・いや、梅雨だからこそ楽しめるスポット『神楽女湖:しょうぶ園』を訪れてみてはいかがでしょうか v( ̄∇ ̄)






〜追記〜

次回の更新は6月29日(土)を予定しております m(__)m

[登録日] 2019/06/15 17:40 | 固定リンク | コメント(0)
← 2019/11 →
01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スタッフおすすめスポット
アーカイブ
RSS
あかねの郷・渓泉 選べる宿泊プラン レジャーパック くにさき六郷温泉「山翆荘」宿泊&フェリー往復パック