Top > スタッフブログ

スタッフブログ

詳細表示 リスト表示 検索
すべての一覧を表示 [ページ] 47 46 45 44 43 42 ... 次→

受験生の方必見!大分を代表する『学問の神様』!

改めまして、皆様

新年明けましておめでとうございます


今年の年末年始は天候に恵まれ、暖かい日が多かったですよね!


海上は年明けに少しだけ荒れた時もありましたが、それでも期間を通して比較的穏やかだったので、皆様にご迷惑をお掛けせずに済んで本当に良かったです σ(^_^;) ←これが本音



とにもかくにも、新たな年がスタート!

昨年から公私とも急に慌ただしくなってしまい、ブログの更新がかなり不定期になっておりますが・・・

また新たな気持ちで頑張って参りたいと思っておりますので、今年も1年間どうぞ宜しくお願い致します m(__)m





それでは早速、本題に入りますね (*^^*)



皆様、もう初詣⛩️はお済みでしょうか?


初詣の場所は、その方々の願いによって異なりますよね (*^^*)

たとえば弊社であれば、海上交通の守り神と言われる『金毘羅宮』や商売の神様『祐徳稲荷』などへ参拝しますが、良縁にあやかりたい方は『出雲大社』などの縁結びで有名な神様へ。

そして学生さんがこの時期、切実なる願いを込めてお参りするのが、合格祈願ですよね!


西日本で最も有名なのは「学問の神様」として知られる福岡県の大宰府天満宮ですが、国東半島にも負けず劣らず「学業成就・合格祈願」で有名なスポットがあるんですよ! (^∇^d)


それがコチラ! ↓


竹田津港からお車で約20分。

国東市大恩寺にある『文殊仙寺』(もんじゅせんじ)


“日本三文殊”の一つとして知られる文殊仙寺は、1300年もの歴史が受け継がれている国東半島六郷満山随一の古刹霊地で、毎年数多くの参拝者が訪れる大分を代表するパワースポットです (*^^*



誰もが知ってる有名なことわざ、『三人寄れば文殊の知恵』の発祥の地として有名なお寺なんですよ! ↓



縁起を担いで、毎年一番最初のブログでご紹介させていただいているので、もう皆さんご存知ですよね (^∇^d)




▼全体図




文殊仙寺といえば、やっぱりこの仁王像! ↓






いつ訪れても、この荘厳な雰囲気には圧倒されます。





そして、もう一つの名物がこの石段!! ↓


本殿までは、300段以上もある長い長い石段を登らなければいけません。


これも修行デス。ハイ ( ̄∇ ̄;)



ここがご本尊がある“奥の院”↓






ご本尊の文殊菩薩様は「秘仏」なので、撮影はこれが限界デス (T-T) ↓




さて文殊仙寺は、良縁成就・安産祈願・厄除け・商売繁盛など、さまざまな願いにご利益がありますが、やはり最も有名なのは『合格祈願』!


なので、毎年多くの受験生が参拝に訪れています (*^^*)




しっかりとお参りを済ませた後は・・・そう!


“ご利益アイテム”ですよね! (^∇^d)


ご覧のように、「お守り」・「お数珠」をはじめ、「知恵袋」や「祈願護摩木」などなど、たくさんのグッズが販売されています。 ↓







中でも、受験生に最も人気なのがコチラ ↓


「合格えんぴつ」です!ヾ(^o^)/


この鉛筆を求めて、わざわざ訪れる方もいらっしゃるそうですよ (*^^*)



※今年はこんなカワイイおみくじも♪







それだけではありません!


奥の院の裏側には“飲むと知恵を授かる”と云われている霊水「智恵の水」が湧き出ているんですが、このと〜ってもありがたい水を、奥の院から少し下に降りた本堂で頂くことが出来るんです!ヾ(^o^)/ ↓




これが「智恵の水」 ↓






参拝に訪れた際には必ず、この「智恵の水」を召し上がって下さいね (*^^*)



「合格えんぴつ」に「お守り」、そして「智恵の水」。


これだけ“文殊の知恵”を授かれば・・・

合格間違いなし!です v( ̄∇ ̄)

(注)効果には個人差があります ( ̄m ̄*)ヾ( ̄∇ ̄;)オイ





というわけで・・・


○場所はコチラ ↓



○詳細&お問い合わせはコチラまで ↓

天台宗 峨眉山【文殊仙寺】

公式サイトは⇒コチラ

[住 所] 国東市国東町大恩寺2432 
[T E L] 0978-74-0820



入学&受験を控えた学生さんはもちろん、親御さんやご親族の方など、皆さんも機会があれば是非一度、大分を代表する“学問の神様”文殊仙寺に参拝されてはいかがでしょうか v( ̄∇ ̄)

[登録日] 2020/01/11 16:20 | 固定リンク | コメント(0)

本年もよろしくお願い申し上げます。




新年明けましておめでとうございます。

旧年中は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

本年もより一層の安全運航とサービス向上に努める所存でございますので、昨年同様のご支援ご協力を賜わりますようお願い申し上げます。

皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈り致します。


スオーナダフェリー株式会社 スタッフ一同

[登録日] 2020/01/01 00:30 | 固定リンク | コメント(0)

今年も1年間ありがとうございました!

28日から本格的な帰省ラッシュが始まりました。

弊社も早くから大変多くのご予約をいただいております!

皆様、本当にありがとうございます (T-T)


今年の年末年始は9連休という方が多いんだとか!

・・・羨ましい(笑)


年末からお正月にかけて寒波が来るとの予報もあり、天候&海上模様が少し気になるところではありますが・・・元日はキレイな初日の出が見れるといいですね!

まだまだ空席便もたくさんございますので、 皆様のご乗船をスタッフ一同お待ちしております (*^-^*)




さてさて、ブログの更新も今年最後となりました。


しかし早いですね、1年って・・・。

皆様にとって、今年はどんな年だったでしょうか?


最も大きな出来事といえば、やはり何といっても平成から令和へと時代が変わった事ですね!

新たな時代へのワクワク感はもちろんあるんですが、その一方で一抹の寂しさというか・・・なんだか急激に歳を取った気もします(笑)


そしてもう一つ印象深かった出来事がラグビーワールドカップの開催です。

ここ大分では全5試合が開催され、期間中は世界中からたくさんの方が訪れました。

弊社でも予想を上回るほど多くの海外のお客様にご乗船いただきましたが、これほどたくさんご乗船いただいたのは初めてだったので、英語が苦手な私はかなりアタフタしてしまいました(^_^;)


また、今年も5月から12月まで大好評キャンペーン『3,000円分特別割引チケットプレゼント』を実施させていただきましたが、たくさんのお客様にご乗船いただき、本当に嬉しく思っております。


しかしながら・・・

依然として高値で推移している原油価格や高速道路の整備延伸、ドライバー不足によるトラック輸送の減少などなど、弊社を取り巻く環境は年々厳しい状況となっております。

そんな中、今年も多くの方々に支えていただき、時にはビジネスの枠を超えた温かいご支援をいただきました。


改めまして、トラック業者様、旅行業者様、関係各社様、ご乗船いただきました一人一人のお客様、支えていただきました全ての皆様・・・

今年も一年間、本当にありがとうございました!


これからも感謝の気持ちを忘れることなく、安全運航をモットーに、サービス向上や快適な船旅をご提供できるよう精一杯努力して参りますので、来年も変わらぬご支援ご協力を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます m(__)m



最後になりましたが、毎日厳しい寒さが続いておりますのでくれぐれもご自愛いただき、晴れやかな新年をお迎えになりますよう、スタッフ一同心よりお祈り申し上げます。





〜追記〜

1年間ブログをご覧いただきまして、ありがとうございました!

今年は公私ともこれまでにないほど超多忙で、ブログの更新が不定期になってしまい大変申し訳ありませんでしたm(__)m

正直、途中で何度も心が折れそうになりましたが・・・たくさんの方々のご支援ご協力のおかげで今年も何とか乗り越える事ができました!


今年最も嬉しかった出来事といえば、昨年に引き続きスタッフブログをご愛読いただいているご夫婦が東京からお越しいただき、これまでブログでご紹介させていただいた国東半島内のスポットをなんと1週間もかけて訪れていただいた事です!

ブログをやっていて、これ以上の幸せはありません!O(≧∇≦)O


『感謝の気持ちを形で表現したい』、『少しでもサービスの向上に繋がれば』との思いからブログを始め、もうすぐ10年になります。

「本当にこれでいいんだろうか。皆様はもっと違った形を望まれているんじゃないだろうか」という葛藤と不安の中で続けていただけに、こういった“ご褒美”や励ましのお言葉をいただけると本当に嬉しいです♪

※褒められると伸びるタイプなもので ( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘヾ( ̄∇ ̄;)オイ


いちスタッフとして出来る事は本当に微力ではございますが、これからも皆様への感謝の気持ちを、そして大分の魅力を精一杯お伝えして参りたいと思っておりますので、来年もスタッフブログをどうぞ宜しくお願い致します m(__)m



それでは皆様、よいお年をお迎えください♪



[登録日] 2019/12/28 12:56 | 固定リンク | コメント(2)

日本夜景遺産にも認定!周南の街を彩るファンタジックナイト!

今年も残すところわずかとなりました。

そろそろ年末の大掃除やお正月の準備に取り掛かっている方も多いのではないでしょうか (*^^*)

我が家も先週から大掃除に取り掛かっているんですが、何故か断捨離を始めてしまい、掃除が全く進まないという・・・(笑)


日々寒さも増しておりますし、何かと忙しい時期でもありますので、皆様くれぐれも体調を崩されないようお気をつけ下さい。






それでは本題に入りますね (*^^*)



もうすぐクリスマスです♪

皆様、もうサンタさんの準備はお済みですか? ( ̄m ̄*)


周南市では今年もクリスマスムードが高まる魅力的なイベントが始まりました!


それがコチラ!↓


【周南冬のツリーまつり2019】
※2019年11月30日(土)〜2020年1月5日(日)


JR徳山駅を中心に、市街地一帯が約100万個(去年は90万個)のLED電球で彩られる大規模なイルミネーションイベントです!ヾ(^o^)/





駅周辺の見慣れた景色がロマンティックな世界に大変貌*キラッ*




今や山口県の冬の風物詩として知られ、毎年8万人以上の人出で賑わう一大イベントなんですよ! (^∇^d)



既に11月30日から実施されているのでご存知の方も多いかもしれませんが、私もようやく12月18日に訪れる事が出来たので、たっぷりとご紹介させていただきますね v( ̄∇ ̄)



まずはメイン会場の一つ、JR徳山駅から山手にかけて伸びる「御幸通り」のイルミネーションがコチラ ↓













さすがにメイン通りだけあって、華やかさが違いますね!

しかも昨年より10万球も増えたので、更にパワーアップしているような気がします。


ちなみに、個人的にお気に入りだったのはコレ ( ̄m ̄*) ↓


チューリップのイルミネーション♪

最近はこんな可愛らしいものもあるんですね!(*^^*)




また「御幸通り」から「平和通り」を繋ぐ「PH通り」も”サルビアロード”として電飾されており、平和通りと昭和通りの中間にある青空公園への案内となってます。 ↓






ここにも可愛らしいお花風のイルミネーションが♪ ↓





そして「青空公園」のイルミネーションがコチラ ↓



その中心にあるのが、この大型キャンドルツリー! ↓




網目になってる電飾を使って“天空のライティングフラワーショー”が催されてます。 ↓



時間が来ると、キャンドルツリーを中心に公園全体のイルミネーションが音楽に合わせて色々な光り方をするので、かなりロマンティックなんですよ! (^∇^d)


青空公園のイルミネーションは、キャンドルツリーをはじめ、周囲の木々も無数の電球が彩られていて、特に華やかです♪




またイルミネーションは市街中心部だけでなく、新幹線口前もライトアップされているんですよ(*^^*)


▼JR徳山駅(新幹線口)



▼徳山港前



いつも見慣れた風景が全く違った世界に見えます♪




※昨年のものですが、ご参考までにマップを掲載しておきますね。 ↓





このイベントは来年の1月5日(日)まで開催されており、期間中は毎日17:30〜22:00まで点灯されているので、フェリーをご利用のお客様は、竹田津港19:00発、もしくは徳山港21:20発のご乗船がオススメですよ!(^∇^d)







○詳細&お問い合わせはコチラまで ↓

【周南冬のツリーまつり 2019】

[場  所] 御幸通り、青空公園、PH通り、徳山駅新幹線口など
[開催期間] 2019年11月30日(土)〜2020年1月5日(日)
[点灯時間] 17:30〜22:00
[特設サイト] 周南冬のツリーまつり2019
[主  催] 徳山商工会議所
[電話番号] 0834‐31‐3000



冬休みや年末年始にフェリーをご利用のお客様など、皆さんも機会があれば是非一度、約100万個のLED電球で彩られたとっても魅力的なイベント【周南冬のツリーまつり2019】を楽しんでみてはいかがでしょうか v( ̄∇ ̄)



[登録日] 2019/12/21 17:25 | 固定リンク | コメント(0)

千年前の姿が浮かび上がる!幻想的なイルミネーション!

早いもので、もう12月!

いよいよ今年も残り1ヶ月を切りました!


大掃除やお正月の準備など、何かと慌ただしくなる「師走」

今月はまだ始まったばかりですが、既に私も公私ともに恐ろしいほどの予定が入っており、ブログもあと1回更新できるかどうか・・・そんな状況に戦々恐々としております ( ̄∇ ̄;)

その上、とうとうインフルエンザに罹ってしまいまして・・・約1週間ほど家で金縛りにあっておりました(T-T) もう踏んだり蹴ったり



忙しい時期ですし、インフルエンザも今年は早めに流行の気配なので、皆様も体調を崩されないようくれぐれもお気をつけ下さい m(__)m





それでは本題に入りますね (*^^*)


冬の風物詩と言えば、なんといってもイルミネーションですよね♪


キラキラ煌めく美しい光を見てると温かい気持ちになるし、テンションも上がります*キラッ*


そこで今回は、毎年恒例となった“国東半島ならでは”のとっても感動的なイルミネーションイベントをご紹介したいと思います! v( ̄∇ ̄)


その舞台がコチラ ↓




竹田津港からお車で約40分。

豊後高田市にある『田染荘』(たしぶしょう)




千年前からほとんど変わらない姿が現在まで残っている大変貴重な場所で、景観の国宝といわれる「国の重要文化的景観」にも選定されている、云わずと知れた国東半島を代表するスポットです。


もう皆さんご存知ですよね (*^^*)



そんな世界農業遺産の象徴的なスポットでもある田染荘で開催されている大人気イベントがコレ! ↓



その名も『千年のきらめき』

全国的にも珍しい、水田を舞台にしたイルミネーションです!ヾ(^o^)/





約1万個ものライトが田んぼの畔に配置され、千年前から変わらない風景が幻想的に浮かび上がり、とってもロマンティックな世界に*キラッ*









しかもライトは黄色と緑色の2色で、約30分ごとにゆっくりと替わっていくんですよ。




世界最大級ともいわれているハウステンボスのイルミネーションが約1,300万球


それに対して、田染荘はたったの1万球。


それでも、めちゃめちゃ感動します! (^∇^d)










ちなみに、イルミネーションが点灯するのは「日没後」で、具体的な時間は定かではありません。

更にいうなら、消灯時間も分かりません(笑)


なぜならば、「千年のきらめき」は人の手(スイッチ)によって始まるイルミネーションではないからです。


その理由がイルミネーションで使用されているコレ ↓


太陽光によって蓄電し、周囲が暗くなると自動で点灯する「ペットボタル(R)」というもの。


このペットボタル約1万個が地元の方やボランティアの方々の手によって8.6ヘクタールという広大な水田のあぜ道に設置されています。







つまりイルミネーションの源となる電力が日中に田染荘を照らす太陽なので、その日の天候によって点灯時間&消灯時間が異なるわけですね (*^^*)
※全て自然任せ(笑)


点灯するのに電源も人の手も、さらには配線も必要ないって、とっても・・・・ネコ!? (ↀᴥↀ)ニャー



じゃなかった、エコですね ( ̄m ̄*)ヾ( ̄∇ ̄;)バシッ!




日没とともに辺りが暗くなるにつれ、まるでホタルが出現するかのようにポツポツとライトが灯っていき、点が線へ、やがて線が面へと広がっていく様子もまたとっても幻想的なんですよ♪











3年前から実施されているこのイベント。

当初はわずか1ヶ月ほどで終了する予定が、予想以上に大反響だった為、急遽実施期間が延長となり、一昨年は2か月間、昨年からは更に1か月延長(約3か月半)した大感動のイルミネーションです!






“百聞は一見に如かず”

写真では伝わらない感動を、皆様も是非その目でご覧ください!(^∇^d)



あ、イメージ動画もあるので、どうぞm(__)m ↓

●企画:制作「田染荘千年のきらめき実行委員会」



クリスマス&年末年始はもちろん、天候に関係なく毎日点灯してるので、デートやドライブなどにもオススメですよ♪





というわけで・・・



○場所はコチラ ↓




○イベント詳細はコチラ ↓

【田染荘:千年のきらめき】

[場  所] 豊後高田市田染小崎2596
[開催日時] 令和2年2月14日(金)までの期間中毎日
[点灯時間] 日没後から約3時間程度
     ※日照状況により時差あり、雨天でも点灯
[入場料金] 無料



皆さまも機会があれば是非一度、千年前のいにしえに思いを馳せ、暗闇に浮かび上がる幻想的な光景を眺めながらゆったりと時間を過ごしてみてはいかがでしょうか v( ̄∇ ̄)


[登録日] 2019/12/07 18:05 | 固定リンク | コメント(2)

荘厳な史跡とのコラボが魅力!国東半島の紅葉♪

今週は一段と冷え込みも厳しくなり、いよいよ本格的に冬の足音が聞こえてきました。


そういえば、つい先日まで『ようやく涼しくなってきた♪』と思ってたのに、あっという間に防寒着が必要に・・・(笑)


秋はホントに“足早”ですね (^_^;)


そろそろインフルエンザの流行時期にも入りますし、皆さまも体調管理には十分にお気をつけ下さい。






それでは本題に入りますね (*^^*)



皆様、紅葉狩りを楽しんでますか?


前回ご紹介させていただいた九酔渓や深耶馬渓など、県内の内陸部にある紅葉スポットの見頃はそろそろ終わりを迎えますが、実はこれから紅葉の見頃を迎えるのが国東半島なんです♪


現在どんな状況なのか気になっている方も多いと思いますので、今日(23日)見に行ってきました!

というわけで今回は国東半島の代表的な紅葉スポットの状況をご紹介させていただきますね (^∇^d)



まずはコチラ ↓



天台宗別格本山【両子寺】(ふたごじ)

住所:国東市安岐町両子1548


言わずと知れた国東半島の中心にある六郷満山の総寺院

もちろん一年を通じて大勢の参拝客で賑わっていますが、特に秋は県内有数の紅葉スポットとして知られているので、恐ろしいくらい人が多いです(笑)


さて、両子寺の紅葉の様子はこんな感じ 

▼無明橋


▼山門


▼護摩堂周辺




相変わらずスゴイ!!ヾ(^o^)/


どこを見渡しても見事な紅葉が広がっていて、あまりの素晴らしさに撮影を忘れてしばらく見とれて(ぼ〜っとして)ました(笑)


▼護摩堂周辺



今回は時間の都合で境内までは入ってないんですが、お隣で撮影されていた方のお話によると、境内はもっとスゴイらしいです(笑)
※ご紹介できなくて申し訳ございません( ̄∇ ̄;)



両子寺の紅葉は、まさに今がピーク!

来週になると少しづつ散り始めるかもしれませんが、それでもまだ青い部分もあったので、今月いっぱいくらいは楽しめるかも♪






つづいて、両子寺から豊後高田市に向かう途中にある並石(なめし)ダムもオススメ!



魅力は何といっても、水面に映る国東半島特有の奇峰奇岩と紅葉のコラボ♪


今日は少し条件が悪かったんですが、風が全くなければ“逆さ富士”ならぬ“逆さ紅葉”が楽しめます v( ̄∇ ̄)




つづいてご紹介させていただくのはコチラ ↓


【長安寺】(ちょうあんじ)

住所:豊後高田市大字加礼川635


シャクナゲをはじめ、ヒガンバナ・アジサイ・ツツジなどなど“花のお寺”として有名な長安寺さんですが、秋も必見なんですよ!(^∇^d)


▼本堂


▼本堂裏



すでに紅葉は楽しめますが、まだ青い部分も多かったので、今週から来週くらいがピークかな?




両子寺のような圧巻の紅葉・・・というより、「しっとりとした雰囲気」が魅力のスポットですね。





長安寺の紅葉は11月中旬から12月上旬頃まで楽しむ事ができます。





つづいてご紹介させていただくのはコチラ ↓



長安寺のすぐ近くにある【天念寺】(てんねんじ)




修正鬼会(しゅじょうおにえ)が行われることで知られる天念寺ですが、それよりも有名なのが目の前にある「川中不動」と ↓


この「無明橋」ですね。 ↓



天念寺の紅葉の魅力はイチョウと川中不動のコラボ ↓


ここでしか撮れない1枚です♪ (^∇^d)




つづいての紅葉スポットはコチラ ↓


豊後高田市を代表する観光スポット【富貴寺】(ふきじ)

住所:豊後高田市田染蕗2395


国宝に指定されている富貴寺大堂は、宇治の平等院鳳凰堂・平泉の中尊寺金色堂と並ぶ日本三阿弥陀堂のひとつで、現存する九州最古の木造建築物です。


境内付近はまだ青かったんですが ↓



周辺や山門付近はかなり紅葉が進んでました!



▼山門



富貴寺といえば、本堂の“黄色のじゅうたん”が最大の魅力なんですが・・・もうちょっと先のようですね( ̄∇ ̄;)


※見頃の様子がコチラ ↓




冨貴寺の紅葉は11月下旬から12月上旬にかけて見頃を迎えます。








そして最後にご紹介させていただくのがコチラ ↓


【旧千燈寺跡】(きゅうせんとうじあと)

住所:大分県国東市国見町千燈


知る人ぞ知る国東半島の穴場的なスポットですが、実はニューくにさき船内にある巨大パネル(国東市の観光PR)に使われているのがこの場所なんですよ (^∇^d)
※気付かれた方はいますか?(*^^*)




いつ訪れても神秘的な雰囲気が漂っている旧千燈寺跡ですが、特に秋は富貴寺と同様にイチョウの落ち葉が絨毯となって周囲を彩る光景がすごく魅力的なんです♪


今日(23日)はまだそういった光景は見られませんでしたが・・・↓



間もなくこんな感じに♪ ↓





旧千燈寺跡の紅葉は12月上旬が見頃です。








以上、いかがでしたでしょうか?(*^^*)


荘厳な史跡とのコラボが魅力の国東半島の紅葉スポット!


奇峰奇岩がそびえる絶景、海の幸&山の幸や温泉も堪能できますし、豊後高田市では待ちに待った秋そばも解禁(11月16日)になりました♪


皆様も機会があれば是非、国東半島でゆっくりと紅葉ドライブやトレッキングを楽しんでみてはいかがでしょうか v( ̄∇ ̄)

[登録日] 2019/11/24 01:20 | 固定リンク | コメント(0)

秋はやっぱり紅葉狩り♪県内を代表する紅葉スポットをご紹介 !

秋も深まり、朝晩はより一層冷え込んできました。

この時期になると、布団から出る際に気合いがいるんですよね ( ̄∇ ̄;)

まだ寒さに慣れてないためか、かなりの“勇気と根性”が必要となります(笑)


急激な気候の変化で体調管理は大変でしょうが、くれぐれもお風邪など召されないようお気をつけ下さい m(__)m





それでは、本題に入りますね (*^^*)


秋の楽しみといえば、何と言っても「紅葉狩り」ですよね!(^∇^d)


キレイな紅葉を眺めながら、のんびりと温泉に浸かり、美味しい秋の味覚に舌鼓・・・とにかく紅葉ドライブは魅力がいっぱい♪ヾ(^o^)/




そこで今回は、毎年恒例となった「大分県を代表する紅葉スポット」をご紹介させていただきますね! v( ̄∇ ̄)



まずはコチラ ↓



竹田津港からお車で約1時間20分。

中津市耶馬渓町にある『深耶馬渓』 (しんやばけい)


狭い谷に絶壁や石柱が屏風のように連なる奇岩秀峰が魅力の景勝地で、1年を通して鮮やかな景観を見せてくれることで有名なスポットです。





特に秋は、キレイな紅葉と周囲の山々とのコントラストが楽しめる事で人気が高く、毎年大勢の観光客が訪れる県内屈指の・・・いや、九州を代表する紅葉スポットなんですよ! (^∇^d)











道中や周辺もキレイですが、やはり深耶馬渓といえば「一目八景展望台」から眺める紅葉がベスト! ↓


※「一目八景」とは、8つの峰が一望できることから名付けられたそうです。



目の前に迫ってくるような大迫力の景観!




これが深耶馬渓の最大の特徴で、他にはないダイナミックな紅葉が楽しめます! (^∇^d)



ただ、ご紹介した写真はいずれも昨年までのピーク時の様子なんですσ(^_^;)


まだ若干早かったもので・・・。



ってことで、現在「11月6日(水)」の様子がコチラ ↓









全体的にはまだまだでしたが・・・





ところどころで紅葉は始まってましたよ (^∇^d)





そして深耶馬渓のもう一つの楽しみといえば、やっぱりコレ♪ ↓


深耶馬溪はそば処としても有名で、一目八景の周辺にはたくさんのお店があり、いたるところで美味しいそばがいただけます (*^^*)


また周辺で販売されているそば饅頭いきなり団子もめちゃめちゃ美味しいので、皆さんも是非♪



深耶馬渓の紅葉は、11月上旬〜下旬頃まで楽しめます。




○場所はコチラ ↓






そして県内にはもう一か所、九州屈指の人気を誇る紅葉スポットがあります!


それがコチラ! ↓


深耶馬渓からお車で約30分。(竹田津港からはお車で約2時間半。)

玖珠郡九重町にある『九酔渓』(きゅうすいけい)


深耶馬渓が「見上げる紅葉」に対して、九酔渓は「見下ろす紅葉」といったところでしょうか。




約2qにも及ぶ深い渓谷に広がる“渓谷美”と、すぐ近くにある「九重夢大吊橋」から眺める“大パノラマ”

二つの違った紅葉が見られる事で人気なんですよ! (^∇^d)


上記の写真は昨年ピーク時の様子ですが、真っ赤に染まった圧巻の紅葉を楽しめるのが九酔渓の最大の魅力です (*^^*)



同じく11月6日(水)の様子はこんな感じ ↓












深耶馬渓と比べると、こちらの方がかなり紅葉が進んでる印象でした (*^^*)




さて九酔渓のもう一つの魅力と言えば、コチラの桂茶屋さん ↓



※こんなユニークな格好をしたスタッフさんがいます(笑) ↓



店内には、お団子やヤマメの塩焼をはじめ、九重を中心とした県内のお土産などもたくさん販売されているのでオススメ! (*^^*)






展望台の裏には「願いが叶う」と云われているパワースポット『天狗の滝』もありますし、魅力いっぱいの紅葉スポットです♪






九酔渓の紅葉は深耶馬渓よりも若干早く、11月初めから中旬にかけて見頃を迎えそうです。

※奥に見えるのは「九重夢大吊橋」



〇場所はコチラ ↓






皆様も機会があれば是非一度、九州屈指の人気を誇る紅葉スポット「深耶馬渓」&「九酔渓」を訪れ、のんびりと紅葉ドライブを楽しんでみてはいかがでしょうか (*^^*)



[登録日] 2019/11/09 18:15 | 固定リンク | コメント(0)

思わずクスっと笑える!?国東の海岸にあるユニークな岩

ラグビーワールドカップも、いよいよ決勝戦を残すのみとなりました。

日本代表は惜しくもベスト8で敗退してしましたが、それでも史上初となる決勝トーナメント進出は本当に凄かったですし、盛り上げていただいて感謝ですね!


さて、11月に入り、秋もかなり深まってきました。

昼間は暖かい日が多いものの、朝晩は震えるほどの寒さに・・・。

我が家では今週、慌ててコタツとファンヒーターを出しました(笑)


寒くなってくると楽しみなのが紅葉ドライブ!

県内の紅葉の名所も少しづつ色づき始めていますし、次回は紅葉スポットのご紹介や状況などをお届けできればと思ってます♪




それでは本題に入りますね (*^^*)


今回は、有名なスポットではないんですが、思わずクスッとなるようなおもしろネタをご紹介させていただきますね。( ̄m ̄*)

※思いっきり肩の力を抜いてご覧ください(笑)



まずはコチラ ↓


国東市国東町黒津崎海岸にある、その名も『おしり岩』(笑)

※国道213号線沿い、「ホテルヴィラくにさき」さんのフロントの前を通り過ぎて少し奥に進むと看板が立ってます。


松林を数メートルほど歩けば、黒津崎海岸。
約1qにも及ぶ白砂青松の海岸が広がり、天気のいい日は四国まで見渡せます。 ↓



さて、気になるおしり岩ですが、松林を抜けて左側を少し歩くと・・・ ↓


あ、これだ!





思ってた以上に、リアルなおしりでした (笑)


荒波にも流されることなくドッシリと構えたこの岩は、まるでお相撲さんの臀部のように逞しく、張りがあり、まさに(おしり)そのもの!


あまりの見事さ、そして大自然が作り出した造形美にただただ魅入ってしまいました。




かなりユニークなスポットだと思うんですが、あまり知られてないのは、全国の7割を占めるといわれる石造美術(国東塔や磨崖仏等)が点在している仏の里である国東半島のイメージとは大きくかけ離れているからかな?


「道の駅くにさき」のすぐ近くにあるにも関わらず、おしり岩はほとんど無名に近い状態なので、穴場スポットをお探しの方は是非! (^∇^d)



〇場所はコチラ ↓





そして、もう一か所。

これは社内コンプライアンスに引っ掛かりそうな案件?なので(笑)、どうしようか迷ったんですが・・・ご紹介します!


まず場所ですが、同じく国道213号線沿い、大分空港のすぐ手前にあるこの交差点を左折 ↓

※「マリンピアむさし」さんの看板が目印


曲がると、すぐ左手に糸原海岸「大海田漁港環境広場」があります。 ↓


この駐車場から海岸の先を見ると現れるのが、この岩 ↓






・・・・!!?


もうお分かりですよね ( ̄m ̄*)


その名も『珍宝岩(石)』

・・・そう呼ばれているそうなんですが、詳しくご紹介すると、いろいろと問題が起きそうなのと、話が盛り上がりすぎてしまいそうなので、自粛します(笑)




それにしても、いろんな意味でめちゃめちゃリアルですよね〜 ( ̄m ̄*)ヾ( ̄∇ ̄;)コラ!



おそらく地元の方だと思いますが、一応鳥居も建てられているので、その道の神様としてしっかりと崇められているようです。



インスタ映え・・・しないか(笑)



潮の満ち引きによって見え方が変わるという“特異性”も持ってるので、興味のある方は是非(笑)



〇場所はコチラ ↓





以上、いかがでしたでしょうか?


もしかしたら地元の方もほとんど知られていないほどの穴場スポットですが、いずれも国道213号線からすぐですし、興味のある方は別府や湯布院に向かわれる途中など、気軽に立ち寄ってみてはいかがでしょうか v( ̄∇ ̄)



〇お問い合わせはコチラまで ↓

【国東市観光協会】

[住  所] 国東市国東町小原2662-1(サイクリングターミナル内)
[電話番号] 0978-72-5168
[営業時間] 09:00〜17:00

[登録日] 2019/11/02 16:46 | 固定リンク | コメント(0)

お地蔵様が浮かび上がる不思議な岩とあの剣豪の古戦場!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
東日本を直撃した台風19号。

関東地方にも弊社スタッフブログをご愛読いただいている方々がいらっしゃるということもあり、祈るような気持ちでニュースを見ておりました。

東海・関東・東北地方を縦断し、強風と豪雨で河川の氾濫や土砂災害など各地に甚大な被害が出ており、大変心を痛めております。

この度の台風19号により、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りすると共に、被害を受けられた方々に衷心よりお見舞い申し上げます。

一日も早い復旧と、皆様が平穏な日々を取り戻せるよう心よりお祈り申し上げます。


スオーナダフェリー株式会社 スタッフ一同

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



ご無沙汰しておりました m(__)m

本来であれば先々週更新をさせていただく予定だったんですが、さまざまなハプニングが重なり、約1ヶ月ぶりの更新となってしまいましたσ(^_^;)


それにしてもこの1ヶ月の間に、台風が襲来したり、消費税が10%になったり、ラグビーワールドカップが始まったり、何だかいろんな大きな出来事が・・・。

特にラグビーワールドカップは、日本代表の史上初ベスト8入りという大活躍もあり、すごく盛り上がってますよね!

大分でも全5試合が実施される予定で、すでに3試合を消化しましたが、県内はもちろん、弊社フェリーで観戦にお越しいただく海外ファンの方も大変多く、予想以上の盛り上がりになってます!

台風19号の影響で、残念ながら数試合が中止となってしまいましたが、このまま無事に、そして大成功で終えて欲しいですね!(^∇^d)




それでは本題に入りますね (*^^*)


ここ国東半島は奇石奇岩が多く、景勝地はもちろん、石仏や摩崖仏、国東搭など、石や岩の文化がとにかく盛んな地域です。



そういうこともあり、石や岩にまつわる伝説もたくさん残っているんですが、その中で今回は国東市にあるちょっぴりユニークなスポットをご紹介させていただきますね (*^^*)


コチラ ↓


国東市富来にある【割石地蔵尊】(わりいしじぞうそん)


国道213号線、富来浦の交差点から富来開運ロードで知られる県道652号線に入り約1qほど進むと左手に下記の小さな標識があるので、ここを左折します。 ↓

※田んぼ道です(笑)


ここから道なりに数百メートルほど進むと見えてくるのがこの隧道 ↓


短いトンネルですが、離合困難なので、くれぐれも対向車にご注意下さい。


トンネルを抜け、しばらく進むと青い幟がたくさん立ってます。


ここが割石地蔵尊です。


▼説明看板


なんて書いてあるか全く分からないと思うので、要約すると(笑)

その昔、石橋を架けるために、石工が大岩を割ろうと鉄槌を打ちおろしたところ、石の中から血が噴き出てきた。これを見ていたお坊様が、その岩に向かってお経を唱えながら鉄槌を降ろすと、岩は二つに割れ、中から地蔵様が出てきた。それ以降、このお地蔵様に祈願に訪れる人は後を絶たない。

・・・といった感じでしょうか。



こちらが本堂 ↓



小さなお堂ですが、裏に回ってみると大きな岩が壁と同化しています。


これがいわゆるお地蔵様が現れたという岩ですね。


▼真後ろからのお姿




お堂の中に入れるようになっているので、お参りもバッチリできます。



格子越しに見えるコレがお地蔵様の姿をした部分。


肉眼でもはっきりソレと分かる形をしています。

これが自然に浮き出てきたものなら確かに不思議でしょうね。


いろいろと御利益があるみたいなので、私もしっかりとお参りをしてきました ( ̄人 ̄)



正直かなりマイナーなスポットですが、興味のある方は是非!(^∇^d)




ちなみに。

岩伝説とは全く関係ないんですが(笑)、割石地蔵尊のすぐ近くにもう1つ興味深いスポットがあります。

それがコチラ ↓


宮本武蔵の古戦場といわれている【富来城跡】(とみくじょうあと)




『富来浦を見下ろす断崖の上に建つ堅固な城』 といわれた富来城。

規模は小さいものの、あの足利尊氏が入城したこともあるんだとか。
※これって何気にスゴイことですよね!


▼説明看板


18代城主・富来実直は大友宗麟 の近侍として活躍。
1594年(文禄3年)には秀吉の命により、垣見一直(名は家純)が入城する。
一直は石田三成と親しく、関ヶ原合戦には西軍方として出陣した。
しかし、大垣城(岐阜県大垣市)にて戦死する。
その間、城を守っていたのは兄の垣見理右衛門 で、石垣原合戦で勝利した黒田軍と交戦中、関ヶ原にて西軍敗退との知らせを受け開城した。

この戦いに剣豪として有名な宮本武蔵は黒田軍として参加。
奮闘の末に足を負傷したといわれている。



上がってみると ↓


奥に小さな祠らしきものと石碑があるだけで、他はなんにも見当たりませんでした ( ̄∇ ̄;)アレ?

まぁ、富来城“跡”なので、何もないのは当然といえば当然かもしれませんが(笑)


周囲に石垣が見えるのが、唯一の形跡かな。 ↓



▼どなたかが作った説明文



ただ、かつてここであの剣豪宮本武蔵や黒田官兵衛(如水)が戦ったと想像すると・・・ちょっぴりワクワクしますよね (*^^*)





というわけで・・・


〇【割石地蔵尊】の場所はコチラ ↓



〇【富来城跡】の場所はコチラ ↓



〇詳細&お問い合わせはコチラまで ↓

【国東市観光協会】

[住  所] 国東市国東町小原2662-1(サイクリングターミナル内)
[電話番号] 0978-72-5168
[営業時間] 09:00〜17:00



皆様も機会があれば是非一度、岩が二つに割れ、その中からお地蔵様が出てきたという不思議な伝説が残る『割石地蔵尊』と宮本武蔵の古戦場といわれている『富来城跡』を訪れてみてはいかがでしょうか v( ̄∇ ̄)

[登録日] 2019/10/15 01:40 | 固定リンク | コメント(2)

温泉通も唸る!?貴重な泉質を持つロケーション抜群の秘湯!

賑やかだった夏休みが終わり、何だか少し落ち着いた雰囲気だと感じるのは気候のせいでしょうか (*^^*)

9月に入ってから、朝晩はかなり涼しくなってきたような気がします。


ただ!
昼間はめちゃめちゃ暑いですよね〜(汗)


8月は長雨の影響であまり気温が上がらなかったせいか、今の暑さは余計に体に堪えます( ̄∇ ̄;)


皆様も体調など崩されないようくれぐれもお気をつけ下さい m(__)m




それでは本題に入りますね (*^^*)


これから秋も徐々に深まってきます。

朝晩の冷え込みが増してくると、恋しくなるのが“温泉”ですよね!


これまでもたくさんの温泉スポットをご紹介させていただきましたが、今回はかなり珍しい泉質を持つ温泉をご紹介させていただきます (^∇^d)



宇佐市から玖珠町に抜ける国道387号線。

この国道を通ったことがある方ならお分かりかと思いますが、至る所でこのようなちょっぴりユニークな看板を目にします。 ↓


今回ご紹介させていただくのは『七福温泉 宇戸の庄』さん



「七福温泉」という名前は、宇戸の庄さんのすぐ近くにある、国道沿いから見える七つの石を七福神に見立てた東奥山七福神に由来したものだと思われます。 ↓




宇戸の庄さんの場所は、国道から脇道に入った谷底付近にあるんですが、入り口にはノボリがたくさん立ってるので、ここを曲がって下さい。↓



あとは所々に立てられている看板を目印に進んでいけば大丈夫♪ ↓



山の中腹へ下って行くと、立派な木造の建物が見えて来ました。


ここが『七福温泉 宇戸の庄』さんです。 ↓

※竹田津港からお車で約1時間30分。


なんだか昔の小学校のようなめっちゃ雰囲気のある建物ですよね!

いわゆる「母屋」と呼ばれる建物で、お風呂の受付はこの中で行いますが、宿泊や食事処なども完備されています。



宇戸の庄さんはとにかく、ロケーションが素晴らしい!




奇峰奇岩がそびえ立ち、まるで中国の山水画を思わせるような・・・。

写真が下手くそでうまく伝わらないかもしれませんが、訪れていただければきっとお分かりいただけると思います(笑)


それにしても、面白い形をした岩がたくさん!


拝んでいるように見える岩だったり ↓



落ちそうで落ちない不思議な岩だったり ↓

※その名も鬼の磨り臼。「落ちてきそうで落ちない」ということから受験の合格祈願で訪れる人も。


このように宇戸の庄さんは、人里離れた秘境にあり、奇岩に囲まれた景観から 「仙人の住む宿」「七福神の隠れ里」などと呼ばれているんだとか。


うん、その表現、よく分かります (*^^*)

ちなみに紅葉シーズンになると、もっと圧巻の光景が広がるらしいですよ♪




さて、宇戸の庄さんの温泉は男女別の岩風呂(弁天の湯)のほか、貸切風呂も4つあって、どれも雰囲気抜群なんですが、今回は一般的な岩風呂にお邪魔させていただきました。 ↓



脱衣所は広くとっても清潔♪ ↓


木で造られているので雰囲気も素敵ですね。


▼露天風呂


大きな岩が並ぶ中に石造りの大きな浴槽です。



露天風呂から眺める景色も最高♪



そして今回、皆さんに最もご紹介したかったのがコレ! ↓


美しい琥珀色のお湯・・・

「モール泉」と呼ばれる泉質なんですが、おそらく多くの方はご存知ないんじゃないでしょうか。

それもそのはずで、モール泉は温泉法の中で効能泉とは認められていません。

モール泉を有する温泉は世界的に見ても数が少なく、効能泉としても認められていないことから知名度も低め。

しかし、その泉質はかなり特殊で、初めて入ると度肝を抜かれます!


その一つがこの気泡! ↓


炭酸泉でもないのに、入っていると全身がシュワシュワの泡で包まれるんです!
※もはやジャグジーなみ(笑)



ただでさえレアなモール泉の中でもこのようなガス成分がしっかり入っているのは大変珍しく、鮮度が高くないとまず見られない特徴だそうです。

温泉通の方々も一目置いているんだとか。


お湯も驚くほどヌルヌルしてて美肌効果抜群!
化粧水代わりにお湯の持ち帰りをされる方もいるそうですよ。


源泉温度が38.1℃なので一般的な温泉に比べると若干ぬるめですが、ゆっくり浸かれば身体の芯から温まります。

これほど保温効果をまじまじと感じられる泉質は他に無いんじゃないかなと (*^^*)


▼内風呂


内湯はあつ目のお湯となっているので、露天風呂が少し寒く感じたら、こちらの内湯で温まってください。




温泉で疲れを癒したあとは・・・お腹が空きますよね(笑)


宇戸の庄さんのもう一つの魅力が食事なんです!



母屋の中にある食事処で、ヤマメやアユ、イノシシやキジなど、ちょっぴり珍しい料理が楽しめます。





▼メニュー表(一部)







今回いただいたのが、一番人気メニューのコチラ ↓


【七福定食】 1600円税別

ヤマメの塩焼きが味わえて、更に温泉入浴付きという、とってもお得なセットなんですよ(^∇^d)


ヤマメは川魚特有の臭みがほとんどなく、あっさりした中にも旨味や甘味があって本当に美味しかった♪


骨も柔らかいので、頭から内臓までまるごといけちゃいます(笑)


また一緒に出していただいたお水とお茶も ↓


ここで湧き出した「若がえる水」を使用されているそうです。




宇戸の庄さんは他にも、ヤマメの釣り堀やBBQ、夏はプールなど、ご家族連れでも一日中楽しめる施設がたくさんあるんですよ。

▼釣り堀

※土日限定






最後に、宇戸の庄さんから大きなプレゼントをいただきました!*キラッ*


なんと!
受付で弊社の乗船証明書(乗用車)をご提示いただくと、岩風呂の入浴料が半額(通常400円⇒200円)でご利用いただけます!O(≧∇≦)O
※期間は令和2年3月31日まで!


大分にお越しの際はスオーナダフェリーにご乗船いただき、宇戸の庄さんの温泉や食事をご堪能下さい♪







というわけで・・・


〇場所はコチラ ↓




〇詳細&お問い合わせはコチラまで ↓

豊後の郷七福温泉【宇戸の庄】

[住  所] 玖珠郡玖珠町大字森字谷の河内4398-2
[電話番号] 0973-72-0429
[営業時間]
◎お風呂 10:00〜19:00(※18:00 受付終了)
◎食事処 10:00〜18:00(※17:30 オーダーストップ)
[定 休 日] 事前にお問い合わせ下さい。
※雪や台風などの悪天候の場合は休業

◎公式HP⇒豊後の郷七福温泉【宇戸の庄】


皆様も機会があれば是非一度、とっても珍しい泉質を持つロケーション抜群の秘湯【七福温泉 宇戸の庄】さんを訪れ、心も体も癒されてみてはいかがでしょうか v( ̄∇ ̄)


[登録日] 2019/09/14 19:50 | 固定リンク | コメント(0)
← 2020/01 →
01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

スタッフおすすめスポット
アーカイブ
RSS
あかねの郷・渓泉 選べる宿泊プラン レジャーパック くにさき六郷温泉「山翆荘」宿泊&フェリー往復パック