Top > スタッフブログ

スタッフブログ

詳細表示 リスト表示 検索

長い間ありがとう・・・さようなら進光丸

ついに進光丸とお別れの時を迎えました(TT)

1月31日は竹田津で、2月1日は徳山で、進光丸に最後のお別れをしようと、スタッフやOBの皆様、それにお客様にもご協力いただきながらさまざまなセレモニーを行いました。

↓ 竹田津港でのセレモニーの様子です。


ご乗船頂きましたお客様や駆けつけていただいた方々も多数ご参加いただいたおかげで本当に良いセレモニーを行うことが出来ました。

本当にありがとうございましたm(__)m

またこの時に数多くのOBの皆様や売船を期に引退する乗務員などと進光丸の思い出話をさせていただきましたが、みな言葉に詰まり、涙ぐんでいました(TT)

実はわたくしが一番、涙脆かったりしますが^^;

そして、いよいよ2月1日・・・

徳山でのお別れセレモニー終了後に、進光丸引渡しの為に長崎に向けて出港したわけでございますが・・・

わたくし、最後にどうしても撮影しておきたいポイントがあったので、追いかけました。
そのポイントというのがこちら ↓


関門海峡を通過する進光丸です。

早い逆流をものともせず勇ましく関門橋を通過する進光丸。
この勇姿を見届けて本当に最後のお別れです。

『今まで長い間本当にありがとう。さようなら進光丸』

夕陽を浴びて一生懸命走っている進光丸のうしろ姿を見ていたら、あまりにも切な過ぎて・・・

一人で号泣してしまいました ゜゜・(>д<;)・゜゜
※ここだけのお話ですよ ( ̄m ̄*)

でも、いつまでもクヨクヨしてるわけにはいきません。
気持ちを切り替えなければ・・・(汗)

進光丸を38年間という大変長い間ご愛顧いただきました多くのお客様、今まで本当にありがとうございましたm(__)m

これからはニューくにさきと共に頑張って参りたいと思っておりますので、今後とも何卒宜しくお願い申し上げますm(__)m
[登録日] 2011/02/04 17:30 | 固定リンク | コメント(10)
  • ▼ コメント
  • 38年お疲れ様でした。
    長崎へ行けば、逢えますかね??
    セレモニーいいですね。
    思わず涙が・・・
    関門海峡を越える旅客船は少ないですから、凄く新鮮に感じます。出来ればさよならクルーズに乗りたかったです。
    辛い年末航路を味わったものの、いいなーと感じた船、航路。再び竹田津上陸し、海岸線を愛でたいと思います。

    別府ゆけむり号の徳山・広島方面の時刻表の記載が変わっていない気が・・
    バスに自転車載せられたら国東サイクリングは流行るかも。

    ニューくにさき、スオーナダフェリーの皆様、風邪やインフルエンザ、政府の愚策にめげず頑張ってください。
    投稿者: ポチョムキン |2011/02/05 23:24
  • ポチョムキン様いつもありがとうございますm(__)m
    温かい激励のお言葉にスタッフ一同みな勇気を頂いております(TT)

    進光丸・・・
    長崎で引渡しですが、数日間停泊した後は、海外に向けて回航する予定となっておりますので、誠に残念ながら国内で進光丸をご覧頂くことはもう出来ないと思います(TT)

    38年間、ポチョムキン様をはじめ、本当に多くのお客様にご愛顧頂きまして、今はただ感謝の言葉しかありません。

    本当にありがとうございましたm(__)m

    それから・・・

    ホームページ上に掲載させていただいております『別府ゆけむり号』のダイヤを修正しておりませんでした(汗)

    大変御迷惑をお掛けいたしまして本当に申し訳ございませんでしたm(__)m

    大至急修正させていただきますm(__)m

    この度は誠にありがとうございました。
    今後とも何卒宜しくお願い致します。
    投稿者: フェリースタッフ豊田 |2011/02/07 14:45
  • 減便の記事が出たので、12月にお世話になりました。過去2度の乗船は僚船の「ニューくにさき」だったので前泊し準備万端で乗船にこぎつけました。
    1994年3月に長崎で会った「フェリーくにさき」に似た姿で、その「フェリーくにさき」や「ニューくにさき」より船齢が上とは思えないくらい「進光丸」は、きれいで乗組員の方々が大事に使っていたんだなぁ、と実感しました。1隻体制になりますが航路が無くなるわけではありません。厳しい状況とは思いますが、アローライン(この愛称は数年前に入手した両子丸、周南丸が載っている絵葉書で知りました)の活躍を関東の地から祈っております。
    投稿者: Voyager |2011/02/14 22:12
  • Voyager様コメントありがとうございます。

    12月にわざわざ進光丸にご乗船いただいたそうで・・・
    本当にありがとうございましたm(__)m

    私たちは本当にたくさんの方々から支えられていることを改めて実感いたしました(TT)

    それにVoyager様はひょっとしてわたくしよりも弊社の歴史にお詳しいのではないかと感じながらコメントを読ませていただきましたm(__)m

    進光丸はおっしゃるとおり、それはそれは大事にお手入れをしながら使用させていただいておりました^^
    ちょっと過保護過ぎるぐらいですね^^

    でも、これはどこのフェリー会社でも同じだと思いますが・・。

    ただ、進光丸は本当に作りがしっかりしておりましたので、奇跡的に38年間もの長い間使用させていただくことができたのだと思います。

    こういった社会情勢ということもあり、今回やむを得ず進光丸も引退ということになってしまいましたが、残るニューくにさきと共に航路存続の為、これからも精一杯努力していきたいと思っております。

    今後ともスオーナダフェリーを何卒宜しくお願い致しますm(__)m
    投稿者: フェリースタッフ豊田 |2011/02/16 16:45
  • 進光丸私も1月29日に乗りました。
    実は進光丸に乗るのは約20年ぶり(もしかしたら先代くにさきだったかも)でした。
    他に何人か見納め、乗り納めらしきの方もいらしてましたね。

    私もコンパクトデジカメやビデオカメラで進光丸を撮影しましたが、日頃撮り慣れていないため帰って見てみましたがなんだかよくわからない映像になっていました(泣)

    とても私が生まれた頃からずっと走り続けている船と思えない手入れの行き届いた船内は、とても後2日で引退とは思えないきれいな状態でした。ただ、ゲームセンターのゲーム機が撤去されたりと引退の準備をしている光景は見ていて寂しいものがありました。

    あと豊田様が撮影した関門海峡を通過する進光丸、豊田様の気持ちが伝わるような写真で見た私もウルウルきました。私も関門海峡をわたる進光丸の勇姿をみたかったなー

    あ、一つ乗船して思ったのですが、貸毛布が欲しいです。室内は暖かいのですが、やはり桟敷で寝そべってうとうとするとだんだん足から冷えてくるんです(冷え性なもんで)。用意周到に毛布を用意していた方もいらっしゃったですが、無いとちょっとつらいかもです。
    接客員がいないので難しいんでしょうけど、例えばコインロッカーに貸毛布を入れて、お金を入れたら取り出せる→使った後は使用済のボックスに入れてもらうとかして無人でも貸し出せるようにするなんてのは素人の考えですかね。

    最後に進光丸に触発された訳でもないのですが、ブログを立ち上げてみました。このさきニューくにさきのペーパークラフトでも作ろうと思っています。もし肖像権等の関係でこんなん作っちゃ駄目だとかありましたらご連絡ください。ってブログ長続きするかもわかりませんが。

    非常に長文で失礼しました。


    投稿者: ひろ改めへっぽこの輔 |2011/02/24 01:06 http://pepakuratimatima.blog.ocn.ne.jp/
  • へっぽこの輔様コメントありがとうございます。

    進光丸のお別れのためにわざわざご乗船頂きまして本当にありがとうございました(TT)

    へっぽこの輔様が1月29日にご乗船頂いた際には、売船準備の為に船内大部分の備品を取り除いていた状態だったと思います(汗)
    特に最後の3日間くらいはせっかくご乗船いただきましたお客様にはご迷惑をお掛けしてしまいましたm(__)m

    20年ぶりのご乗船ということで、進光丸も古くなっておりビックリされたんではないでしょうか?^^;

    貸し毛布の件でございますが、これは私たちスタッフの懸念材料の一つでもございます。

    実は、貸し毛布や枕など一時期ご提供させていただいていた時期もあるのですが、ごく一部の心無いお客様によってすぐに紛失してしまうんです(TT)

    そういった経緯もあり、貸し出しをやむを得ず中止させていただいていたのですが、私たちスタッフもなんとかご提供(貸し出し)を再開できる方法はないかと今も尚模索しておりますm(__)m
    へっぽこの輔様のご提案も参考にさせていただき、再度ご提供できますよう努力させていただきたいと思っておりますm(__)m

    貴重なご意見誠にありがとうございますm(__)m

    それから・・・

    ニューくにさきのペーパークラフト拝見させていただきました^^v

    >もし肖像権等の関係でこんなん作っちゃ駄目だとかありましたらご連絡ください。

    とんでもございません!
    私たちスタッフにとってこれほど嬉しいことはありませんし、本当に心から感激いたしました(TT)

    もちろん、販売等となるとさすがにお話は変わって参りますが、そんなことではない限り、むしろとてもありがたいことだと感謝しております。

    ブログの更新は本当に大変だと思いますが、ずっと続きますよう応援しております^^

    私も、へっぽこの輔様のブログに時々お邪魔させていただきたいと思っておりますので^^v

    この度は本当にありがとうございました。
    今後とも何卒宜しくお願い致しますm(__)m
    投稿者: フェリースタッフ豊田 |2011/02/25 10:50
  • 「STAR BELITUNG」進光丸、インドネシアで運航中のようです。
    https://www.marinetraffic.com/jp/ais/details/ships/shipid:705048/mmsi:525020168/imo:7214650/vessel:STAR_BELITUNG

    記事とは関係ないようですが、画像です。
    http://oceanweek.dev.rokutsan.com/2016/06/07/mulai-22-juni-rute-kapal-ro-ro-priok-panjang-pp-dibuka/

    長崎の九州商船の昔の船体色みたいです。
    投稿者: Voyager |2017/12/09 13:04
  • Voyager様コメントありがとうございます。

    情報ありがとうございます!!!

    よく見つけることができましたね!
    感激いたしました!

    デザインは変わり一部改修もされてるようですが、進光丸の面影は今もハッキリと残ってますね!

    ずっと気になっていたんですが、まさか今も元気に運航してくれているとは・・・それを知ることができただけでも幸せです(T_T)

    あの頃を思い出して涙が出ました(T_T)

    早速、社内で共有させていただきますね!

    当時の船長や乗務員もいますし、相当喜んでくれると思います!(*^-^*)

    本当にありがとうございました!
    投稿者: フェリースタッフ豊田 |2017/12/09 17:42
  • インドネシアで第二の人生ですか。
    素晴らしいですね。
    あの一等船室は健在なんでしょうか。
    ジャカルタ??
    投稿者: ポチョムキン |2017/12/13 22:12
  • ポチョムキン様コメントありがとうございます。

    実は進光丸のその後については、ほとんど情報がなかったんです(^_^;)

    長崎で引き渡したあと東南アジアのどこかに行くという噂だけは聞いていましたが・・・。

    だからこそ、今回の情報は本当に嬉しかったです!

    1等船室はどうでしょう・・・そのままかもしれませんし、もしかしたら船長室になってるかもしれませんね(*^^*)
    投稿者: フェリースタッフ豊田 |2017/12/13 23:17
▼ コメントの投稿
名前 必須

メールアドレス
※ メールアドレスは公開されません。
URL


コメント 必須 記号挿入

※ URLは自動的にリンクされます。

画像認証 必須
(半角)
※ お手数ですが、下の画像の中にある数字を上記へ入力してください。
画像認証
← 2018/01 →
01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

スタッフおすすめスポット
アーカイブ
RSS
あかねの郷・渓泉 選べる宿泊プラン レジャーパック くにさき六郷温泉「山翆荘」宿泊&フェリー往復パック